[WordPress] 見ながらテーマをデザイン – PressWork

WordPress は公式サイトにも多くのテーマが公開されており、好みのものを探すにも一苦労という嬉しい状態。しかし、それでも好みのものに出会えないこともあるし、あと少しこのへんがこうだったらなーと思うこともある。小さなものならCSS などを編集すれば良いのだが、それも面倒という人におすすめなのがPressWork というテーマ。PressWork はテーマを作るテーマという、テーマのフレームワーク。

ダウンロード

  • WordPress › PressWork « Free WordPress Themes

スポンサードリンク

インストール

公式サイトから検索してインストールできる。

参考文献ではテーマを有効化したあとにActivate するように書かれていたが、今回試した限りでは有効化しただけで動作した。

上図はテーマをデザインする状態。黄色のバーが「ここに追加」のような意味だと思われる。左下にあるアイコンを使って設定していく。

上図は来訪者に見える状態。

各アイコン

PressWork Settings

脳みそアイコンをクリックすると基本的な設定が行える。わからなくなったときはReset all options のRESET をクリックすると元に戻るようだ。

Layout

サイドバーやメインコンテンツ領域の幅や、favicon、ロゴファイルを指定できる。

Colors

各パーツエリアを選択して、そこに設定可能な色を選択・設定できる。

Fonts

フォントサイズの設定を行える。

Social

ソーシャル・ネットワーク(SNS)サイトへのリンクを作成できるようだ。この機能は試していない。

保存

変更を保存するにはトレイに矢印が書いてあるようなアイコンをクリックする。この作業を行わないと保存されないようだ。

パーツの移動

上図はサイドバーの順番を変更したり、表示エリアを変更したりする作業。ドラッグ・アンド・ドロップで簡単にできる。

サイドバーだけでなく、各パーツを自由に移動できる。

感想

PressWork はファイルの改造がしやすい構造になっていると参考文献にあった。改造が面倒ではないとか、簡単に行える人はこれでよいが、これらの情報をテーマファイルとして書きだす機能が欲しかった。また、予想していたとおり、PressWork はどうやら毎度データベースを読み出しているようで、データベースへの負荷やレスポンスが気になるところ(邪推)。とは言え、そのままでも十分使え、改造する人にも人気の「wp.Vicuna Ext. Custom」などの改造を手軽に行える版と言えなくもない。場合によってはとても重宝しそうで今後に期待したいテーマだ。

参考文献

関連記事

スポンサードリンク

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です