テスト用ダミーテキスト生成サイトと生成方法

デザインを行おうかなと思い、K2E Editor で何故かCSS 対応してしまった。すでにあるのだろうが勉強の意味も含めて1から定義した。

さて、タグだけでは実際どのようになるかはわからない。そこでテスト用のテキストが必要だ。適当な文章をコピペするわけにも行かないから、まずは著作権フリーだとか権利が消滅したものを探す。すると、青空文庫が出てくる。けれど、こちら方面の知識が乏しい筆者にとっては選択することが難関だった。選択せずにフリーのものならどれでも良いではないかと怒られそうだが…。

スポンサードリンク

ほかに何か無いかと探すと、法律や条文など広く周知させる必要のあるものは著作権法の保護の対象ではないような記述が見られた。そこで適当に探したのが以下のものだ:

ところで、テスト用のタグとテキストを含めて最も脳裏に浮かぶのはWordPress だ。オンライン上のテーマファイルを参照しながらインストールせずにプレビューが可能になっている。この時表示される文章などもヒントになるかと思い探してみた。

すると、さすがに世の中広い。

使われているものはダミーの文章だった。関連して、ダミーテキストを生成するサイトやその方法までもがヒットしてきた。知らないとか気が付かないというのはほんとうに恐ろしいものだ。

オンラインサービスとして有名なもの

日本語など

生成サイト

青空文庫

英語など

生成サイト

作り方

さらに作り方までヒットした。

以下のコピペを複数使いまわすだけで十分な気もする:

どこで薬缶だ。吾輩は何でも残ってまるである。名前はまだ無い。のみならず顔が今でも残って煮てスーと持ち上げられて実に載せられている。この時妙なもの だ。のみならず顔を捕えている。この頃知った事がない。ただ彼の見始で生れた時何だかフワフワして食うというものの掌には書生というものの中から時々ぷう と煙を見た感じがつるつるしてまるで生れた事はようやくこの書生のは何というの掌の真中がこんな片輪に突起して煮て書生というの飲む煙草というものの中で ある事が今でも残って人間という考もだいぶ逢った事だけは猫であったかとんと見当があまりにもだいぶ逢った事は記憶している。その当時はまだ無い。名前は 時々我々を捕えて装飾されべきはずの掌の顔を吹く。ただ彼の飲む煙草という話である。のみならず顔を見たから時々ぷうぷうとそれはまだ無い。(「マルコフ連鎖によるダミーテキスト生成器をさくっと書きました – 白米食べて辻斬ブログ」より引用)

関連記事

スポンサードリンク

Comments

2 thoughts

  1. テスト用に、テキストではなくダミーの投稿を生成するプラグインがあったはずなんですが…
    探してるんですが見つからない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です