[PC-BSD] PC-BSD をインストールしてみた1

PC-BSD はFreeBSD ベースのディストーションで、デスクトップ向け環境を提供するものらしい。

FreeBSD といえば、高負荷に強く、各種基幹システムを支えているOS だが、とても敷居が高いのも事実 … 少なくとも筆者にとっては。だが、避けては通れないだろうOS にデスクトップ環境を組み込んでくれているという、なかなか興味深いディストーションがPC-BSD だ。

すでに脳内に構築されているFreeBSD アレルギーを少しは緩和してくれるだろうか。ちなみに、FreeBSD をベースにNAS としての機能を盛り込んだFreeNAS などもある。

ダウンロード

PC-BSD」からダウンロードする。

スポンサードリンク

※「PCBSD9.0-x86-DVD.iso」をダウンロードした

ちなみに、このサイトは(アクセスした時点で)Joomla! 1.5 、MooTools 1.2.4、jQuery 1.4.4 で構成されていた。

インストール

インストールしようと思ったら、メモリーは最低512MB にしろと怒られた。

仕切りなおしてインストール。

インストーラーの起動待ち。

起動直後は英語だが、日本語に対応しているらしい。

キーボードレイアウトを選択。

今回落としたのはDVD のiso なのでDVD を参照する。

メニューにはここからFreeBSD をインストールする選択肢もあった。

パーティションの設定を行う … のだが、その辺勝手に設定してくれた!

Linux の各種ディストーションがサーバー向けCUI 環境を構築するにもGUI のインストーラーが搭載されていることなどと比較すると、以前行ったFreeBSD のインストール(うろ覚えだが7.x-release あたりだと思う)は、やっぱりとても敷居が高い(=柔軟に設定できる)。

その辺、試用したPC-BSD が、いきなりGUI で細かい設定なしに試せるのは嬉しい。

今回は試用のため、ユーザーを作成しない(後から作ることも当然できるし。ただroot で作業するというのはUnix 系の流儀に反するが)。

パッケージを選択するらしい。とりあえずそのまま進む。

→ あとから、これが愚かな行為であることを思い知らせれた

ソースコードやports を選択するらしいが、そのまま進む。

→ あとから、これが愚かな行為であることを思い知らせれた

インストール!

結構時間かかるな・・。

インストール完了!

→ 続く

関連記事

スポンサードリンク

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です