[VirtualBox] コマンドライン操作とVRDP 接続

さて、当初目論んだVMware Server2 のかわりにVirtualBox を使うというそれは、ある程度達成できそうだ。その過程で「テキストブラウザ」、「Xvnc」、「FreeNX」、「Xming」などに寄り道した。でも、総合的に考えると寄り道よりは迷走が正しいような・・。

スポンサードリンク

Oracle VM VirtualBox

インストール

インストールについては、以前の記事「Ubuntu Server 10.04 LTS にVirtualBox4 をインストールする」を参照していただきたい。

Extension Pack

VirtualBox 3.xで使っていたVRDPはライセンスの関係でExtension Packになったので いつものように本体だけをアップデートするとリモートデスクトップが使えない。 VirtualBox 4.0 Oracle VM VirtualBox Extension Packをインストールする必要がある。(「計算機のメモ CentOS5上のVirtualBox 3.x→VirtualBox 4.0でVRDPを使うには」より引用)

インストール

wget http://download.virtualbox.org/virtualbox/4.0.2/Oracle_VM_VirtualBox_Extension_Pack-4.0.2-69518.vbox-extpack
sudo VBoxManage extpack install Oracle_VM_VirtualBox_Extension_Pack-4.0.2-69518.vbox-extpack

(「UbuntuにVirtualBox4をインストールしてvrdpでつなぐまでのメモ ([email protected])」より引用)

※その他のバージョンについては「VirtualBox Downloads」や「http://download.virtualbox.org/virtualbox/」から必要なものを選択する

運用

仮想マシン作成

仮想マシン作成は難しいことは特にない。

[VirtualBox] 仮想マシンの作成例 « SEECK.JP サポート」が参考になる。

ポート設定

VRDPについて

windowsでVRDPを有効にしてゲストOSを起動した場合、デフォルトで 3389となるが、ホストOSがWindowsの場合、 すでにホスト自身がRDPをデフォルト3389で使用している可能性があるため、変更する必要がある。 また、ゲストOSごとにポートを設定する必要がある。

# VRDP接続を有効にする
C:\Program Files\Sun\VirtualBox>VBoxManage.exe modifyvm “WinXP” –vrdp on

# VRDPのポートを変更する
C:\Program Files\Sun\VirtualBox>VBoxManage.exe modifyvm “winXP” –vrdpport 33890

ホストOSから実行する場合 「ファイル名を指定して実行する」の例。
mstsc /v 127.0.0.1:33890

(「VirtualBox コマンドラインで管理する – 禿散らかしてごめんなさい」より引用)

仮想マシン起動

$ VBoxVRDP -startvm "WindowsXP"
Oracle VM VirtualBox Headless Interface 4.1.10
(C) 2008-2012 Oracle Corporation
All rights reserved.

XOpenDisplay() failed
VRDE server is listening on port 3389.

上記例の場合、Windows 機から「リモートデスクトップ接続」で「xxx.xxx.xxx.xxx:3389」で接続できる。

コマンドライン操作については、「VirtualBox コマンドラインで管理する – 禿散らかしてごめんなさい」が詳しい。

仮想マシン終了

仮想マシンを操作して終了すれば良い。

参考文献

関連記事

スポンサードリンク

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です