Ubuntu Server 10.04 LTS に Xvnc を設定する

以前、CentOS にXvnc を設定した(→ Xvnc – CentOS 5.2)が、しばらく時間が経ち、また今回はUbuntu Server 10.04 LTS i386 にXvnc を設定してみる。

参考サイトを幾つか見たところ、同じような環境で構築した例があり、かつ、詳細に解説しているので参考にした。だが、今回対象とする386 版はよろしくないらしい。

スポンサードリンク

Ubuntu 10.04にVNCをインストールしてみたのだが、(中略)なんと10.04のGNOMEではXDMをサポートしてない(中略)言い換えると、現在ログインしている状態であればVNCを使ってアクセスできるが、ログイン待ちの状態ではアクセスできないということになる。(中略)10.04(のGNOME)がサポートしていないというのは、単にバグの様だ。(中略)試してみると、実は64bit版では問題なく動く。また32bit版でも動く“場合がある”。(「Ubuntu 10.04 にVNCをインストールしてみた – adsaria mood」より引用)

環境構築

Ubuntu Server 10.04 LTS をVMware Player の簡易インストール機能を用いて構築した。

インストール

sudo loadkeys jp
sudo apt-get upodate
sudo apt-get upgrade -y
sudo apt-get install ssh
sudo apt-get install vim
sudo apt-get install gdm
sudo apt-get install xinetd
sudo apt-get install vnc4server

設定

/etc/xinetd.d/Xvnc

$ sudo vi /etc/xinetd.d/Xvnc
service xvnc
{
    disable        = no
    socket_type    = stream
    wait        = no
    user        = nobody
    server        = /usr/bin/Xvnc

  server_args    = -inetd -geometry 1024x768 -depth 16 -desktop
Ubuntu_1004 -PasswordFile /etc/passwd.vnc -once -query localhost
}

/etc/services

/etc/xinetd.d/Xvncではポート番号を指定してないので、サービス名として/etc/servicesの方で定義する(「Ubuntu 10.04 にVNCをインストールしてみた – adsaria mood」より引用)

$ sudo vi /etc/services
xvnc    5900/tcp

パスワード設定

$ sudo vncpasswd /etc/passwd.vnc

権限変更

$ sudo chown nobody\: /etc/passwd.vnc

/etc/gdm/custom.conf

$ sudo vi /etc/gdm/custom.conf
[xdmcp]
Enable=true
DisplaysPerHost=2

/etc/gdm/PostLogin/Default

VNC でコピー・アンド・ペーストができるようになるそうだ。

$ sudo vi /etc/gdm/PostLogin/Default
#!/bin/sh
#

vncconfig -nowin &

再起動

$sudo service xinetd restart
$sudo service gdm restart

動作確認

VNC Viewer

サーバーのIP アドレスを入力してOK をクリックする。

設定したパスワードを入力する。

表示された。

デスクトップを操作してログアウトすると上図が表示された。

「はい」をクリックすると再接続し、「いいえ」をクリックすると終了するようだ。

→ RealVNC

UltraVNC

基本的にはUltraVNC をあちこちで使っている。こちらでも同様に接続できた。

→ UltraVNC

関連記事

スポンサードリンク

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です