[Chrome] YouTube再生ウィンドウをブラウザ外に表示する拡張機能2種

YouTube には「再生リスト」があり、垂れ流しにできる。

この時、画面を見たいかそれとも音だけ聞ければよいかは人それぞれだと思うが、とりあえず再生画面をブラウザChrome から切り離すことができる拡張機能があるらしいので2種類試しに使ってみた。

希望としては再生リストを垂れ流しにしてもらえると有りがたかったのだけれど、試用した限りでは対応していないようだった。

スポンサードリンク

Picture-In-Picture For YouTube

「Picture-In-Picture For YouTube」(略称PIP)は、Chrome の「デスクトップ通知領域」を利用して再生画面を表示するものらしい。

# ほかにデスクトップ通知領域を使う拡張機能としては「Chrome ウェブストア – 緊急地震速報 by Extension」などがある

ダウンロード

Chrome から検索するか「Chrome Web Store – Picture-In-Picture For YouTube™」からインストールする。

使ってみた

プレーヤー上にPIPという表示が追加されている。これをクリックすると機能するらしい。

初回クリックした際は「デスクトップ通知の表示」について許可するかどうかが表示される。

許可すると何やら設定画面が表示された。設定を変更したらSave をクリックする。

改めてPIPボタンをクリックする。

通知領域を使用して再生画面が表示された。

小さい画面(通知)領域のためか、再生画質は低くされているらしい。

工具のアイコンをクリックすると「デスクトップ領域」の位置を選択できるが、任意の位置に表示することはできないらしい。

再生が完了してもレコメンドな画面が表示されなかった。

リピートボタンが使えるのは便利かも。

# 再生リストを順次勝手に再生されることは無かった

Popout for YouTube

「Popout for YouTube」はPIP と違い、別のウィンドウで再生画面が表示された。

ダウンロード

検索するか「Chrome ウェブストア – Popout for YouTube™」からインストールする。

使ってみた

再生プレーヤーの右上に「新規ウィンドウ」を表しそうなアイコンが表示されている。これをクリックする。

新しいウィンドウが表示さた。このウィンドウはChrome とは別のものらしい(?)。

再生が完了するとレコメンドな画面が表示された。

PIP とは違い、任意の位置に置くことができるらしい。

# 再生リストを順次勝手に再生されることは無かった

参考文献

関連記事

スポンサードリンク

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です