iLO3 に日本語の言語パックを追加する

先日購入したHP ProLiant ML110 G7 にはiLO3 が使えるということで勝手に盛り上がっていたわけだが、ついでなので日本語の言語パックを追加してみた。

ダウンロード

「HP Integrated Lights-Out 4 (iLO 4) –  Integrated Lights-Out 3 Language Pack – Japanese – HP Business Support Center」から「sp54032.exe」をダウンロードした。

スポンサードリンク

ファイルの展開

ダウンロードした「sp54032.exe」を実行してファイルの解凍を開始する。

「Next」をクリック。

「Next」をクリック。

「Finish」をクリック。

ファイルの確認

指定した解凍先(デフォルトでは「c:\SWsetup\sp54032」)内に*.lpk があることを確認する。

アップロード

iLO3 にログインし、Administrations > Access Settings を開き、Upload Language Pack 内の「参照」をクリックして、lpk ファイルを選択、Upload をクリックする。

確認されるので「OK」をクリック。

アップロード中。

正常に完了すると言語リストに「日本語」が追加され(画像上)、デフォルトの言語(画像左下)や現在の言語(画像右下)を選択できる。

日本語表示になったところ。

# ただし、セッションが切断されるとログイン画面などは英語に戻ってしまうらしい(?)電源操作やコンソールを覗くくらいの使い方なので英語のままでも良いかもしれない
# iLO4 があるらしいので、ダメ元でねじ込んでみたが適用されなかったらしい

関連記事

スポンサードリンク

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です