MZK-DSG04U を買ってみた(4) – PR-L5600C を繋いだけれど

MZK-DSG04U を買ってみた(3)」の続き。

さて、先日購入したNEC 製の廉価なカラーレーザープリンター「PR-L5600C」を繋いでみることにした。

この製品はUSB インタフェースのみが標準搭載されているので、MZK-DSG04U と組み合わせることでネットワーク対応プリンタとして利用できたら嬉しい。これが本命でもある。

ただし、「(プリンタに転送するデータ)容量が多いと問題が発生する」というクチコミサイト情報もあるので注意したい。

今回は、念のため新規のWindows7 SP1 64bit 環境で試用した。すでに書いたように本製品はUSB インタフェースなので、すでに利用可能になっていることに影響された場合、問題の切り分けが難しくなるためだ。

ダウンロード

というわけで、「ダウンロード: ページプリンタ: プリンタ: 周辺機器・専用端末: 製品 | NEC」からWindows7 対応ドライバを検索(「サポート > モジュール検索結果」)して、「5600chb120310wx.exe」をダウンロード、解凍しておく(インストーラー形式ではなくてinf なので)。

スポンサードリンク

PR-L5600C を繋いだけれど

USB デバイス接続

早速、MZK-DSG04U 付属のユーティリティを使ってUSB デバイスを接続する。これで、LAN を経由して仮想的にWindows7 にUSB ケーブルが差し込まれたものとして扱われる。

# どうやらポート単位で接続ができるらしい。これはかなり嬉しい誤算。

PR-L5600C ドライバ適用

PR-L5600C はWindows7 が勝手にドライバを割り当ててくれるようにはなっていない。

便利になると当然の操作が面倒に感じてしまうから怖い。

プリンタが追加された。

※詳しくは5600C の記事を参照

テスト印刷

プリンターのプロパティを出して-

テストページの印刷を行う。

だが、印刷されない。

ステータスは「印刷中」となっているが、何時まで経っても、何度やり直してもダメ。

うーん・・。

ウェブブラウザからステータスを確認すると、ビジー状態となっている。

ほかのOS やほかのデバイスで試して、どこに問題があるかを見ていく。

→ MZK-DSG04U を買ってみた(5) – ストレージとiPhone

# LP-5600C の中身は富士ゼロックスなのね

関連記事

スポンサードリンク

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です