「美男子の捕獲術 SD-USB2CUP-L」を買ってみた(4) – アマレコTV Live アマミキ!

「美男子の捕獲術 SD-USB2CUP-L」を買ってみた(3) – VHS to DVD 2.0 を試す」の続き。

前回、最も標準的な正しい使い方として、添付されていたドライバ&ソフトウェアを試用したが、中には代替ソフトウェアを利用すると、処理によって画質が良くなることもあるらしいから、その手の代表的なソフトウェア「アマレコTV Live アマミキ!」を使ってみることにする。

スポンサードリンク

アマレコTV Live アマミキ!を使う

「アマレコTV Live アマミキ!」の基本的なインストールは「実況プレイに必須!? – アマレコTV Live アマミキ!」を参照、必要となるビデオコーデックのインストールについては「「アマレコTV Live アマミキ!」などで使用、AMVビデオコーデック」を参照してもらうとして、新規の状態(何も設定されていない)でテストすることにした。

デバイス設定

SMI Grabber Device というのがそれらしいから、選択。

これだと真っ黒になってしまった。

入力端子に「Composite」を選択するなど調整を行うと-

映像がでた(試用のため、音声については確認していない)。

表示例

こちらはムービーを再生している状態のもの。

その他のデバイス設定

設定画面で「~433」などというものを選択すると画質が良くなるものの、白黒になってしまうようでとても惜しい。その他の設定でも映像が表示されることがあったが、カラーになると滲んだようになってしまう。

これはデバイスの性能というよりも、コンポジット入力の限界だろうか。同じような操作を別のビデオキャプチャーボードでも試したけれど、どちらも同じような画質だった(=同じような画質を廉価に入手できることはわかった)。

もし、高画質に拘るならデジタルのまま入力できるデバイスを捜したほうが良いかもしれない。

もっとも、今回の購入目的はVHS テープを取り込むことなので、この結果でそれなりに満足している。にじむのが気になるなら設定を調整することで幾分シャープにするなどは可能のようだ。

# 購入後に知ったことだけれど「VIPで初心者がゲーム実況するには@ Wiki – アマレコTV/各キャプチャー機器の設定例」や「VIPで初心者がゲーム実況するには@ Wiki – キャプチャーボードの映像・音声が出ないときは」にあるように、そういう用途でも使われているようだ

関連記事

スポンサードリンク

Comments

One thought

  1. @oyamar0 いま調べごとしてたら、前もらったVHS(アナ)→DVD(デジ)のやつゲームのキャプチャーに使おうとしてる人見つけたw http://t.co/mNEAtfasom 接続コードさえあれば低画質でも・・・ってとこなのかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です