ケータイと位置情報 ~位置情報の利用~

by 246-You

得られるデータに地域などの情報が含まれることもあるようだが、基本的には座標データのようだ。

スポンサードリンク

位置情報の利用

座標データから住所を取得

座標データを距離計算するには10進数に変換しておいたほうが良いなど運用によって変換作業などが必要になる。しかし、もっと単純に、距離計算ではなくても、その座標が一体どの辺なのかという「座標データから住所を取得」する方法が以下に記載されていた。

参考

位置情報を埋め込む

最近ではツイッターやミクシィ、Facebook など代表的なウェブサービスにおいて位置情報が利用されている。

Twitter

ツイッターであれば、位置情報を利用して、近くにいるユーザーを検索する機能がある。

mixi

ミクシィではチェックインという機能で、”ここにいます”という情報を簡単に発信できる。

Evernote

Evernote でも同じように、メモした場所を自動的に特定して、やはり地図から選択できる機能もある。

iPhone

iPhone でカメラ機能を使って撮影した写真にも情報が付加され、「この辺で撮影した写真」というのを地図から選択できる便利さもある。また、写真にデータが埋め込 まれているから、投稿先のシステムが自動的に解析してマッピングし、”この付近の写真”として閲覧することもできる。

ジオタグ

写真に位置情報を埋め込むことは標準的に行われ、一般向けのデジタルカメラにもGPS が搭載されつつある。これらはジオタグと呼ばれ、On/Off することが可能ではあるが、知らない間に付加されていて”特定”されるひとつの要素になってしまうこともある。

なお、写真の場合、埋め込まれる情報は位置情報だけではなく、カメラの機種やシャッター速度などもExif データとして記録されている。

ゲーム

位置情報の詐称

位置情報を詐称することもできるだろうが、アリバイ作り以外でも利用されるらしい。それはゲームの中で、位置情報をイベントのトリガーとして使っているようだ。

また、位置情報ではないが、似通ったものに小さな通信を行い、すれ違った人(の端末)と通信してアイテムを取得するなどもあるようだ。

参考

関連記事

スポンサードリンク

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です