発売前に WHR-300 を買ってみた?1

WHR-300 を入手した…のだが、でも、まだ発売前な気がするのだが…?

記事を記載するに当たりアマゾンを見たところ「この商品の発売予定日は2012年8月31日です」と書いてある。しかし手元にある。何故だろう…?

スポンサードリンク

開梱

細かいことは良いとして、開梱した。

バッファロー製品は幾つも試用しているから、特に目新しいところはない。

本体

面1

本体にはiPhone やiPad から無線接続する際に利用するというQR コードが記載されていた。iPhone は持っているが、今回、この機能は特に試用しなかった。気にはなるが、新旧環境移行の為のダウンタイムを少なくしたかったから、慣れた手順でサクっとノートパソコンから有線接続して設定する。

面2

製品名には確かにWHR-300 とあり、壁掛け用の穴が開いている。AOSS に対応し、ルータ時は192.168.11.1 、 ブリッジ時は 192.168.11.100 にアクセスし、admin / password でログインできる。また、モザイクのかかっているバーコード部にはSSID など無線接続に必要な値が記載されている。

以前はセキュリティ設定は自分で行うのがメインだったが、現在では各社、予めセキュリティ設定をして出荷しているようだ。初心者には安全だが、慣れているせいか、いつも面倒に感じる。

背面

左からAC アダプタ、WAN、LANx4、ルータ動作切り替えスイッチ。

切り替えスイッチは3つの動作が切り替えられ、「AUTO」「ルータ」「ブリッジ」だった気がする。

どうでもいいところだけれど、とても気にするランプの付き方はピコピコする好きな点き方(高速点滅するタイプ)。また、一般的なLAN ケーブルはモジュラー部がプラスチックになっているのだが、この部分と筐体とがLED ランプの点滅の影響を受けるから、LAN ケーブルの接続部分が光って見えるのも気に入った。

前面

前面の表示は、「POWER」、「SECURITY」、「WIRELESS」、「ROUTER」、「DIAG」だった気がする。

底面

底面には、リセットスイッチのほか、縦置き時に使うスタンドをはめ込む穴が当ている。

スタンドとアダプタを接続してみたところ。

アダプタ

アダプタに貼られたシールから読み取れる主な内容:

  • R43017
  • 型番: WA-18G12U
  • 入力: 100-240V 50/60Hz 0.5A MAX
  • 出力: 12V 1.5A
  • CW-01 F3

→ 続く

 

関連記事

スポンサードリンク

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です