インストールするだけでファイル操作が高速化!? – マッハCopy

どの記事で見たか忘れてしまったけれど、Windows 開発者が「ファイル操作に力を入れていなかった」と発言したものを見かけた気がする。Windows8 の技術的な解説だったかもしれない。なぜなら、Windows8 では、その辺が強化されている(らしい)から。

VMware Player にWindows8 を入れて試用するなどしているが、確かに体感は早く感じる。参考として「Windows 8と7の速度比較テスト、ファイル移動以外ではWindows 8が圧勝 – GIGAZINE」という記事もある。

この入れるだけで高速化できるソフトウェアはアイ・オー・データから提供され(いつの間にかIO.Apps というサイトもできていた)ているのだが、最も嬉しいのは高速化するというだけでなく、この種のソフトウェアにありがちな自社製品を購入した人だけが利用できるというものではなく、誰でも利用可能なフリーソフトウェアとして提供されていることだ。

コピー高速化ソフト「マッハCopy」を公開した。Windows XP/Vista/7および64bit版のVista/7に対応するフリーソフトで、現在同社のWebサイトからダウンロードできる。なお、本ソフトは同社の製品を購入しなくても利用可能。(「窓の杜 – 【NEWS】アイ・オー・データ、コピー高速化ソフト「マッハCopy」を無償公開」より引用)

ダウンロード

ファイルコピー快適化 マッハCopy|IO.APPs|IODATA アイ・オー・データ機器」から「machcopy100.exe」をダウンロードする。

スポンサードリンク

※Windows7 SP1 64bit で試用した

インストール

ダウンロードした「machcopy100.exe」を実行してファイルの解凍を開始する。

(解凍され中)

インストール

解凍してできあがったインストーラー「マッハCopy.exe」を実行する。

「次へ」をクリックする。

「次へ」をクリックする。

「完了」をクリックする。

使ってみた

導入前

導入前(Windows7 SP1 64bit)の状態でのダイアログと通信速度。

# 通信速度は 7.09MB/Sec (=56Mbps かな?)

導入後

導入後は特別な操作をせずとも、コピーや移動操作を行うと「マッハCopy」がWindows 標準のものに置き換わって動作してくれる。

(詳細情報を表示すれば)通信速度のグラフが表示されるのはWindows8 と似ている。Windows8 の機能が欲しかったこともあって、ただインストールするだけで動作してくれる本ソフトウェアはとても嬉しいものだ。

# 通信速度は 11.4MB/Sec (=90Mbps かな?)

通信速度

可能な限り似通ったファイルで試験したところ、7MB/Sec から11MB/Sec へ向上したので、約64% の高速化ということになるのだろうか。

複数のファイル処理

複数ファイルの処理を行なっても1つのウィンドウに収まるからかさばらない。

# Winny の開発者は、TCP では図のような通信になってしまう問題を解決する独自プロトコルの開発に成功しているという。特に海外との通信で威力を発揮し、(うろ覚えだが)最大で40倍もの通信を可能にしたという記事を見かけた。そのプロトコルが標準になってくれれば、もっとずっと高速通信が可能になるだろう。

置換またはスキップ

既に同名のファイルが存在する場合の処理選択画面。

これはWindows7 と同じような配置にして欲しいと感じた。

管理者権限が必要なとき

管理者権限が必要な時の画面。

関連記事

スポンサードリンク

Comments

One thought

  1. マッハUSBのファイルコピーには、逆に遅延化してしまうものがあるようだけど、マッハCopyにはそのような不得意なデータはないのかな? / “http://t.co/NqQIaIcb » インストールするだけでファイル操作が高速化!? …” http://t.co/dWTWhT7f

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です