[Thunderbird] フォルダを修復する手順

電子メールのクライアントソフトウェア「Thunderbird」で、メールフォルダが壊れた際の修復手順をメモしておく。

スポンサードリンク

フォルダを修復する手順

これまで壊れたことがなかったので、初めての作業となる。

OutlookExpress は、1つのフォルダが1つのデータベースになっていて、”高速に動作する代わりに障害に弱い”と言われているのをどこかで見かけたことがある。実際、デー タベースが壊れることも何度かあったけれど、それよりも設定が何故か壊れている(正しくても動作しない→設定しなおし)という事のほうが多かった記憶があ る。あとは、サーバーとの通信中にエラーが発生して”メールが詰まる”のも多かった。この場合、サーバーを直接操作して詰まりを解消する必要があった。

# ちなみに、それより後に出た同社製ソフトウェアは、データベース形式からファイル形式に変更されたようだが、(作業内容や作業方法によるだろうけれど)アカウントの設定を修正しようとすると、そのアカウントのすべてのデータを削除する”仕様”になっているのが苛立つ。様々な理由はあるけれど、未だに一部ではOutlookExpress が現役だったりする。

対象フォルダのプロパティを表示

Thunderbird はどうなっているのだろうと調べてみると、親切にも本体機能に修復機能があるようだ。

まず、修復したいフォルダを右クリックして、プロパティを表示させる。

修復を実行

簡単なもので、いや、親切なもので、プロパティが表示されたら、フォルダの修復をクリックするだけで良いらしい。

# どのように管理されているかは不明だけれど、フォルダ単位で管理されているらしいことが読み取れた。データベース形式なのかな。

関連記事

スポンサードリンク

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です