NEC Express5800/S70 タイプSR を買ってみた

NEC Express5800/S70 タイプRB を買ってみた」から始まり、「NEC Express5800/S70 タイプPJ を買ってみた」に続き、途中「HP ProLiant ML110 G7 を買ってみた」に行くも「NEC Express5800/S70 タイプSR を買ってみた」。

毎度わくわくしてたくさんの撮影をするからストックがあったりするわけだけれど、正直なところ、RB、PJ、SR とくると重複記事のようだ・・。ということで、今回はサラッとみて、その後SSD やRAID の話題に行く事にした。

スポンサードリンク

SR ・・

内部

内部も見慣れたものだ。

強いて言えば、上の画像の赤枠内がRAID に関係するところだから確認しておく。

SATA ポートも確認しておこうか。

ハードディスク

主な変更点は、RB → PJ で前面パネルがちょっと変わり、PJ → SR でハードディスク容量が160G から500G に変更されたくらいだろうか。搭載されているハードディスクは、いつもと同じSATA0 にエンタープライズな「WDC WD5003ABYX-20WERA0」だった。SATA4 は、DVDROM。

メモリー

メモリー規格は変わらないが、これまでの自分の記事を確認したところ、メモリーは毎度違うらしい。ついでに「JM1333KLN-8GK (4GBx2)」の増設試験も行った。

電源ユニット

あまり気にしていなかったけれど、電源ユニットは「80 PLUS」だった。

80 PLUSは、コンピュータ用電源ユニットの電力変換効率に関する規格の1つ。デスクトップ型、およびサーバー型のコンピュータに用いられる複数の電圧出力が求められる電源ユニットにおいて、交流入力から直流出力へ変換する際に、電力変換効率が80%以上の変換効率を備える製品に与えられる認証(「80 PLUS – Wikipedia」より引用)

BIOS

BIOS は0028 だった。

関連記事

スポンサードリンク

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です