Intel SSDSC2CT120A3K5 ドライバとスリープ

うろ覚えだが、Intel SSDSC2CT120A3K5 にインテル ラピッド・ストレージ・テクノロジーをインストールすると、Intel ドライバに置き換わる(たぶん)。マイクロソフトの標準ドライバより少しばかり高速に動作するからそのまま使っていたけれど、Express5800/S70 のWiki によればスリープに問題があるという。

スポンサードリンク

早速試験をしたところ、確かに問題が起きた。またまたうろ覚えだが、休止状態では問題は起きなかったと記憶している。基本的にはスリープ運用はしておらず、電源は入れっぱなしで運用している。たまに再起動するなどするし、使うとしても休止状態だから問題はないのだけれど、スリープの問題を忘れて後々ハマりそうだから、ドライバを戻すことにした。

ほんの少しの速度を犠牲にすることになるが、システムを安定して稼働させることや、将来ハマリそうな問題は潰しておいたほうが良いかなと思った次第だ。

ドライバの削除

削除前の状態

「IDE ATA/ATAPI コントローラー」に「Intel 5 Series/3400 Series SATA AHCI Controller」がある。

接続順表示にするとこんな感じ。

このドライバがIntel 製になっているとスリープからの復帰で問題が起きるらしい。

ドライバの削除

ドライバを削除する。

再起動する。

ドライバ削除後

再起動してデバイスマネージャーを確認すると、「IDE ATA/ATAPI コントローラー」の下に「ATA Channel X」と「Standard AHCI 1.0 Serial ATA Controller」が表示されている。

接続順表示にしたところ。

ドライバのプロパティを確認したところ。マイクロソフトのドライバになっている。

動作確認

マイクロソフトドライバにしてベンチマークしたところ。

関連記事

スポンサードリンク

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です