NEC Express5800/S70 SR でオンボードRAIDを試す(超ハマった!)6 ~ベンチマーク~

前回からの続き

長い道のりを経て、ようやくWindows がインストールできたので、幾つかの構成、組み合わせでRAID を構築し、ベンチマークした結果をメモしておく。

スポンサードリンク

なお、ベンチマークはインストール直後に行うことが多く、あくまで参考値が見えれば良い程度に考えているので、バックグラウンドでWindowsUpdate が動作していることもある事を予め断っておく。

RAID 全般

CrystalDiskInfo

CrystalDiskInfo では、ディスクを検出できなかった。

デフラグ

ディスクキャッシュ

ベンチマーク1

物理ディスク500G と250G の組み合わせでRAID1 を組んだ。当然のことながら500G からは250G、250G からは全量を使用した。

このベンチマークでは、ドライブ単体でのものとシーケンシャルリードでは余り変わりはなかったものの、512K での値は増加した。

ベンチマーク2

今度は複数の物理ディスクを使って、複数のRAID を構築した。

上の画像の「ディスクの管理」で表示されているディスク0とディスク1は異なる物理ディスクで、何れも2つの物理ディスクを使ってRAID0 または1 を構築した。つまり、250G 2つのペアと500G 2つのペアの合計4台の物理ディスクを使用している。

上の画像はCドライブに対するもの。

上の画像はKドライブに対するもの。

→ 続く

関連記事

スポンサードリンク

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です