PL-US56Kを買ってみた

PL-US56K を買ってみた。

FAX を一般的なFAX 機で受信するのはスマートではない。そこで、以前はFAX サーバーを構築して受信し、電子メールの添付ファイルとして受け取っていた。ただ、この構成だと24時間電源を入れておく必要があり、また、仮想環境でもないので非効率だった。

そこで、仮想環境で利用できるかという実験を含め、(仮想環境で利用できなかったとしても)USB-LAN 変換装置を利用できるかを試すことにした。

スポンサードリンク

利用したい順に書くとすれば以下のようになる:

  1. 仮想環境にUSB-LAN 経由で接続でき、あたかも物理的な仮想マシンのUSB ポートに接続したものとして通信できる
  2. 仮想環境では使用できないが、USB-LAN 経由であたかも物理的な接続がされたものとして通信できる
  3. 物理的な環境ではあるが、USB-LAN 経由であたかも物理的な接続がされたものとして通信できる
  4. 物理的な環境で直接接続して利用できる

※USB-LAN は「CG-NUP01」や「MZK-DSG04U

ということで購入したのが「PL-US56K」だ。

USB 端子にキャップが付いていて丁寧な印象を受けたが、製品は丁寧ではないらしかった。

Windows7

上の画像はインストールできた時のものだが、対応環境であってもインストールできないことがあった。

たくさんの組み合わせのなかで、いくつかインストールできるものがあった。

インストールできたとしても通信ができなかった。

上の画像では送信しようとしてエラーとなっている。

通信速度を落としても成功しなかった。

上の画像も似通ったものだが、詳細は少し違う。

WindowsXP

WindowsXP でも認識できた環境があったが、送信はついにできなかった。

まとめ

無茶な使い方なのは十分承知しているが、(メーカーの想定している)対応環境 であってもインストールできなかったり、インストールできたとしても正しく送信することはついに叶わなかった。つまり、どのような環境であっても送信できなかったということだ。

関連記事

スポンサードリンク

Comments

One thought

  1. PL-US56K windows8用のドライバーをお試し下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です