IE/Firefox/Chromeの不要ツールバーを一括削除 – Free Toolbar Cleaner

XWSS014666-s

気がつくと多数のツールバーがインストールされていたということはないだろうか。

自分の場合は基本的にないが、友人らのパソコンを見ると、ブラウジングできる領域が半分以下になるほどツールバーに占拠されているものを見かけることもある。Internet Explorer9 などでは、以前に比べると容易に削除したり停止したりできるようになってはいるが、それでも隙を見つけたは有効化しようとする。これを適切に判断できるならツールバーが多数入ることもないから、結局、ツールバーが復活する。個別に削除するのも面倒だが、やはり結局インストールしてしまう。

そこで便利そうなのがToolbar Cleaner だ。Internet Explorer のほか、Firefox やGoogle Chrome にも対応しているようだ。Firefox やChrome はポータブル版を利用していたが、これも発見してくれた。

ダウンロード

toolbarcleaner.com – Free Toolbar Cleaner」から「toolbarcleaner_setup.exe」をダウンロードする。

スポンサードリンク

# この手のソフトはexe 単体実行が好ましいのだけれど

インストール

SHR136145-s

ダウンロードした「toolbarcleaner_setup.exe」を実行する。

SHR136146-s

Next をクリック。

SHR136147-s

ライセンスに同意できる場合は、I Agree to the terms in the License Agreement にチェックを入れ、I Agree をクリック。

SHR136148-s

Finish をクリック。

SHR136149-s

何やらエラーが出た。無視した。

SHR136150-s

起動したところ。

使ってみた

XWSS014666-s

ノートン・アンチウイルスも勝手に色々入れてくれるので、これを削除するテストをしてみる。

削除したいツールバーにチェックを入れ、Remove Selected Toolbar(s)/BHO(s) をクリック。

XWSS014667-s

OK をクリック。

XWSS014668-s

Don’t run をクリック。

XWSS014669-s

キャンセルをクリック。

さくっと削除されるものもあれば、何度か実行してみると削除されるものもあった。

そのほか

XWSS014670-s

Windows Startup の項目も削除できるようだ。

これは・・

検索プロバイダが変更された

XWSS014671-s

検索プロバイダが変更された。

Anti-phishing がインストールされた

SHR136153-s

なんだこれは。

SHR136155-s

確認してみると確かに「Protect my sistem with Anti-phishing Dimain Advisor」と「Set MyStart as homepage」がFinish の時に表示されていた・・・。うーん。。

関連記事

スポンサードリンク

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です