iBUFFALOウェブカメラ「BSW13KM04HSV」を買ってみた

IMG_9614_s

少し前のことだが、iBUFFALO製のウェブカメラ「BSW13KM04HSV」(※)を購入した。

特に今すぐ必要ということもなかったのだが、それまで利用していたLogicool 製のウェブカメラが、Windows7 向けのドライバを提供しないために利用できなくなっていたので、なんとなく購入した。

とは言え、数ある製品からこれを選んだ主な理由は、以下のとおり:

  • まず安かったから
  • 画質云々はこだわらないのでどうでもいい
  • ヘッドセットが付いている、しかも、耳にかけるタイプ
  • 様々な置き方に対応できそうだから
  • UVC対応(後述)
  • ゲーム機にも接続できるらしい
  • HD720pワイド画面に対応したハイビジョン対応Webカメラ※2
  • 2通りの使い方[内蔵マイク]と[ヘッドセットマイク]※2
  • コンパクトサイズのリアル130万画素WEBカメラ※2
  • 高画質の520万画素静止画※2

スポンサードリンク

※現在では後継の「BSW13KM10HSV」が案内されているようだ
※2:後述する製品ページより引用

(筆者の使いドコロと言ったら、パソコンからSkype につなぐとか、動態検知用のシステムにつなぐとか、その程度のもの。しかも普段から積極的に利用するものでもないので、どうでもいい感じなのだ。Skype もiPhone から利用することがほとんどとなり、あえて購入する必要もなかった。強いて言えば、Skype のビデオを利用する場合は、iPhoneを一定の角度で手で持つなどしなければならないが、これも自在アームを購入するなどして問題は解決している)

梱包と外観

IMG_9618_s

本体はこのような感じ。基本的なスペックは右側に記されている。

IMG_9616_s

デスクトップパソコンのディスプレイやノートパソコンのディスプレイに引っ掛けることもできるし、もう少し我儘な設置にも答えてくれそうな気がするというのも購入の意思決定に影響した。

その点では、これまで利用していた(それなりに気に入っている)Logicool製のウェブカメラの良さを継承してくれているように感じた(別会社の別製品ではあるが)。

IMG_9619_s

上記の英語で書かれたものは、外装の側面に日本語での記載もある。

IMG_9620_s

側面にはさらに動作環境なども書かれている。

IMG_9615_s

側面の別の箇所には、Skype をはじめ、MSN メッセンジャー、Windows Live メッセンジャー、Windows メッセンジャー、Yahoo! メッセンジャーに対応していると記載されている。

また、アイコン入りで「ニコニコ生放送 動作確認済み」とも記載されている。先ほど確認したところ、ニコニコ動画の右側にあるのは「各種ライブ配信サイト対応」ということらしい。Ustreamなどでも利用可能ということだろうか。

IMG_9621_s

全面にはUSB接続であること、ヘッドセットが付属していること、Windows/MAC 両対応なこと、ノートパソコン対応なこと、デスクトップパソコン対応なこと、PS3 対応なこと、Windows7 対応なこと、日本語または外国語対応なことなどが記載されている。

開梱

IMG_9622_s

というわけで開梱した。

カメラはUSB 接続であるが、付属のヘッドセットは3.5φ のピンジャックとなっている。USB カメラの動作中はカメラの中央にあるLED が青く光る。ただし、これは少々強いように感じた。隣にカメラが有ることを考えると、眩しいと感じてしまうかもしれない。

IMG_9623_s

お気に入りポイントとしての様々な形状で設置できるというものを試す。

そのまま置くこともできるようだ。

IMG_9624_s

台座のような部分を広げると無段階で角度が調整できる(特に何の機構もないので無段階は言いすぎかも)。幅広いディスプレイの暑さ薄さに対応できるだろう。

使ってみた

ドライバのインストール…不要

XWSS014653_s

ドライバをインストールしたかどうか忘れてしまったが、ついでなのでUVC について記載する。あ、ドライバの関しての記述も製品ページにあったので、引用する。

パソコンにUSBコネクターを接続するだけで、ドライバーが自動インストール(UVC対応)されます。 手間のかかるインストール作業が必要ないため、購入してすぐに使えます。 ※UVCとはUSB Video Classの略で、USB Implementers Forumにより定義されたUSBのデバイスクラスのひとつです。(「UVC対応 マイク内蔵130万画素Webカメラ ヘッドセット付き | バッファロー」より引用)

UVC 対応ということで、ユーザーによるレビューなど口コミ情報によれば、Linuxで動作可能との情報もある。是非試してみたいものだ。

使ってみた

XWSS014654_s

使ってみたけれど、何を映せばいいのか。。。キーボードでも映しておこう。

キーボードが近すぎてボケている。これは撮影した状況によるもので、製品自体の性能によるものではないと思う。(実際に利用してみると先方から画質が良いという情報も得られた。先方はこれらの情報に詳しい人間ではないため、素人目に見ての素直な意見だと言えるだろうし、それまでの画質を知っているので比較しての回答とも言えるだろう)

ただし、テストに協力してくれた友人によれば、ヘッドセットはダメダメらしい。まず音を拾わない、音が遠いということだった。

詳しく確認してみると、マイク部はマイク本体と筐体部があって、筐体部に小さな穴が開いていて、そこを通り抜けた音がマイクに拾われるようだった。どうやら角度によって拾ったり拾わなかったりするようだ。と言っても穴の状態からそんなに極端に変わるとも思えないので、もしかしたら断線していて角度を変えた時だけつながっているのかもしれないと邪推した。

また、驚いたことに、付属のヘッドセットを取り外し、ウェブカメラに内蔵されたマイク(ヘッドセットより距離が当然遠い)から拾われた音のほうが良いと言われてしまった・・・。

マイクはおまけ程度に考えていたので構わないが、その点は残念であった。レビューによれば、製品個体によるばらつきがあるかもしれないと推察できる内容もあったから、もしはしたらハズレだったのかもしれない。

何れにしても、Windows7 64bit (しかもドライバ不要)で動作し、UVC 対応ということでゲーム機やLinux など幅広い対応が可能であり、たまに利用する動態検知都の接続も問題無いだろうから、価格面や多彩な置き方ができるなどで満足している。

関連記事

スポンサードリンク

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です