AWStatsのcronでエラー(2)

XWSS016606-s

前回の続き

改善しなかったので、adduser www-data adm を実行してみるも以下のようになった。

$ sudo adduser www-data adm
The user `www-data' is already a member of `adm'.

完全にではないものの、同様に構築した環境で1つだけがエラーを出しているのが気になる。

スポンサードリンク

このエラーがどのように影響するかを確認したところ、10分間隔でのアクセス解析レポート更新のようで、日次更新には影響しない。

それを考えると>/dev/null で逃げるのもひとつの手かもしれない。日次更新というのはVPS ではないさくらインターネットのレンタルサーバーとも同じと言えなくもないし。

おっと。間違いだ。試すコマンドは$ sudo usermod -g adm www-data だった。

$ sudo usermod -g adm www-data

さらに様子を見たが、ダメだった。

chown -R でもやってしまうかと思ってまずは確認。

$ ls /etc/awstats/awstats.*.conf -l
-rw-r--r-- 1 root root 61757 Feb 26 01:25 /etc/awstats/awstats.*****.conf

他の幾つかのウェブサイトを見るとどうやらrootで合っているらしい。ということでchown -R はなし。ならば、cron の実行権限を確認してみる。

www-data というユーザー権限で [ -x /usr/share/awstats/tools/update.sh ] && /usr/share/awstats/tools/update.sh が実行されている。この辺は、正しく実行されているものも問題のものも同じだった。

試しにroot 権限で実行してみるも結局類似するエラーが表示されてしまう。

Error: AWStats database directory defined in config file by 'DirData' parameter (/home/*****/awstats) does not exist or is not writable.
Setup ('/etc/awstats/awstats.*****.conf' file, web server or permissions) may be wrong.
Check config file, permissions and AWStats documentation (in 'docs' directory).

あれ?「is not writable.」ってあるから、もしかしたら書き込み権限つけるだけで良かったのかも。ま、いいか。結局のところ、cron の実行ユーザをroot にして以下のようにして逃げた:

/usr/share/awstats/tools/update.sh >/dev/null 2>&1

# 環境:Ubuntu 12.04LTS 64bit, Webmin, Virtualmin

参考文献

関連記事

スポンサードリンク

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です