Pidginに「Skypeプロトコル」と「Skypeアカウント」を追加する

XWSS017376_s

準備

予め「Skype」を用意しておく。

プロトコルの追加

ダウンロード

XWSS017364_s

スポンサードリンク

Downloads – skype4pidgin – Where to download files from – Skype API Plugin for Pidgin/libpurple/Adium – Google Project Hosting」から「libskype.dll」をダウンロードする。

※http://eion.robbmob.com/ は接続できなかった

プラグインの配置

XWSS017365_s

ダウンロードしたDLLをプラグインフォルダに配置する。

アカウントの追加

XWSS017366_s

「追加」をクリックする。

XWSS017367_s

Skypeが追加されているので選択する。

XWSS017368_s

プロトコルにSkypeを選択し、ユーザ名を入力して「追加」をクリックする。

XWSS017370_s

Skype本体が、通信を許可するか尋ねてくるので「アクセスを許可」する。

XWSS017371_s

「閉じる」をクリックする。

XWSS017372_s

Skype本体が「サイレントモード承認」画面を表示するので、OKをクリックする。

文面によると、着信があった時はSkype本体が対応するが、それ以外はPidginが通知する、というもののようだ。

動作確認

XWSS017373_s

コンタクトリストが表示された。

XWSS017374_s

チャットも問題なくできるようだった。

XWSS017375_s

ユーザー情報も取れるようだ。

XWSS017376_s

Skypeを表示させると、どちらにも同じメッセーが表示されていた。

このDLLはSkype本体を必要とすることから、外部接続機器ないしアプリケーションとして通信を行うようだ。また、厳密には「Skype ポータブル版 」を利用したが問題なく接続できた。なお、今回は必要なかったが、設定画面に本体パスを設定する項目もあるのが嬉しい。

Skype着信

XWSS017566_s4

Skypeへの着信があるとPidginが通知した。

関連記事

スポンサードリンク

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です