Ubuntu にMongoDB をインストール

相変わらず「1,000のサーバでも監視できるnode.js製死活チェッカー「uptime」 – MOONGIFT|オープンソース・ソフトウェア紹介を軸としたITエンジニア、Webデザイナー向けブログ」を使ってみたいので、前回より続きます。

fzaninotto/uptime · GitHub

スポンサードリンク

MongoDB をインストール

uptime が必要とするらしいのでインストールしておく。

source.list を開いて:

$ sudo vi  /etc/apt/sources.list

次を追加:

deb http://downloads-distro.mongodb.org/repo/ubuntu-upstart dist 10gen

キーをインポート:

$sudo apt-key adv --keyserver keyserver.ubuntu.com --recv 7F0CEB10

アップデート:

sudo apt-get update

インストール:

sudo apt-get install mongodb-10gen

動作確認:

$ mongo --version
 MongoDB shell version: 2.0.4

fzaninotto/uptime

前回GitHUB とnode.js を使えるようにして、今回MongoDB をインストールして準備万端!意を決して fzaninotto/uptime をインストール。しかしどうやらバージョンが云々と言い出し、動いてくれない。そこで、バージョン(コミット)を意図するところに戻す方法などを探したものの、結局解決できなかった。

参考文献

関連記事

スポンサードリンク

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です