[Asterisk] CentOS に Asterisk をインストール

CentOS に Asterisk をインストールする。サーバー構築は以下を参照。

※他のOS や他のAsterisk ディストリビューションなども別の記事に記載している。

リポジトリの追加

標準のリポジトリではasterisk のrpm を見つけられない。この場合、リポジトリを追加するかソースからコンパイルするかの選択になるが、ここでは前者を選択する。

スポンサードリンク

# vi /etc/yum.repos.d/centos-asterisk.repo

[asterisk-tested]
name=CentOS-$releasever - Asterisk - Tested
baseurl=http://packages.asterisk.org/centos/$releasever/tested/$basearch/
enabled=0
gpgcheck=0
#gpgkey=http://packages.asterisk.org/RPM-GPG-KEY-Digium

[asterisk-current]
name=CentOS-$releasever - Asterisk - Current
baseurl=http://packages.asterisk.org/centos/$releasever/current/$basearch/
enabled=1
gpgcheck=0
#gpgkey=http://packages.asterisk.org/RPM-GPG-KEY-Digium


# vi /etc/yum.repos.d/centos-digium.repo

[digium-tested]
name=CentOS-$releasever - Digium - Tested
baseurl=http://packages.digium.com/centos/$releasever/tested/$basearch/
enabled=0
gpgcheck=0
#gpgkey=http://packages.digium.com/RPM-GPG-KEY-Digium

[digium-current]
name=CentOS-$releasever - Digium - Current
baseurl=http://packages.digium.com/centos/$releasever/current/$basearch/
enabled=1
gpgcheck=0
#gpgkey=http://packages.digium.com/RPM-GPG-KEY-Digium


インストール

# yum install asterisk16

もしくは

# yum install asterisk16 asterisk16-configs asterisk16-voicemail dahdi-linux dahdi-tools libpri

※ yum install asterisk すると、執筆時 1.4 系がインストールされるようだ。ここでは1.6 系をインストールする。

確認

# asterisk -vvvvvvrc
Asterisk 1.6.2.16.1, Copyright (C) 1999 – 2010 Digium, Inc. and others.


Unable to connect to remote asterisk (does /var/run/asterisk/asterisk.ctl exist?)

サービスの起動

ここで、「Unable to connect to remote asterisk (does /var/run/asterisk/asterisk.ctl exist?)」と表示された。

# service asterisk start

としてサービスを開始する。もし、サービスが介されている状態で # service asterisk start するとループに陥る。

Asterisk died with code 1.
Automatically restarting Asterisk.

ループ状態の取り消しがわからないので(CTRL+Cで割り込めない)再起動。

改めて # asterisk としてみると、Unable to connect to remote asterisk (does /var/run/asterisk/asterisk.ctl exist?) と言われるかと思いきや Asterisk already running on /var/run/asterisk/asterisk.ctl.  Use ‘asterisk -r’ to connect. ということだ。なぜかこの挙動が落ち着かない不思議。起動していることもあればしていないこともある。なぜだろう。

サンプル設定ファイル適用

インストールした状態で生成されている各conf ファイルには詳しく説明が付いているが、長すぎる。

そこで、オリジナルをバックアップした後、 Asterisk サンプル設定ファイル – VOIP-Info.jp Wiki で公開されているサンプルファイルに置き換える。

# mv /etc/asterisk /etc/asterisk.bak
# mkdir /etc/asterisk
# cd /etc/asterisk
# wget ftp://ftp.voip-info.jp/asterisk/conf/conf-sample-1.6_01.tar.gz
# tar zxvf conf-sample-1.6_01.tar.gz


パスワード等を変更し、設定をリロードする。

参考文献

関連記事

スポンサードリンク

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です