動画ファイルを簡単にDVDにする – DVDStyler

以前書いた記事「動画ファイルを簡単にDVDにする – DeVeDe 」で紹介したDeVeDeがどうもうまく動作しなかったので他のソフトウェアを探してみた。

いくつかの記事を読んでみるとDVD Flickが数多くの機能やフォーマットに対応していることがわかった。また同時に操作が簡単であるとか対応フォーマットが主要なものをカバーする程度であるとかライトな感じのものとしてDVDStylerが推薦されていた。今回はこのDVDStylerを使ってみることにする。

DVDStylerは動画ファイルをDVDにするソフトウェア。ライティング機能を備えておりDVDに直接焼きこむことはもちろんのこと、ISOイメージファイルにすることもできるフリーソフトウェア(GPLライセンス)である。

ダウンロードとインストール

ダウンロードは公式サイトから

DVDStyler – Free DVD Authoring Application :
http://www.dvdstyler.de/

※ポータブル版(DVDStyler Portable)もある


▲公式サイトからダウンロードする

スポンサードリンク


▲ダウンロードするファイルを選択する


▲実行する


▲実行する


▲実行する


▲Japaneseを選択する


▲次へ


▲次へ


▲次へ


▲次へ


▲次へ


▲インストール

簡単な使い方

プロジェクト作成


▲NTSCにしてOKをクリック

テンプレート選択


▲タイトルを入力し、好みのテンプレートを選択してOKをクリック

メニュー設定


▲今回は複数を利用しないので、1~3は削除してしまう。削除はクリックで選択し、Deleteキーで削除できる。

動画ファイル登録


▲動画ファイルをドラッグアンドドロップすると、登録される

書き込み


▲今回はこのままDVDにしてしまうので、DVD書込み…をクリックする


▲保存先や、書き込みかファイルにするかなどを選択して開始をクリックする


▲処理が始まる


▲処理が終わったら閉じるをクリックする

初期設定

(毎度使う場合には設定しておいた方が便利)


▲既定の動画形式がPALになっているので、NTSCにしておく。

※Windows7で失敗する場合、管理者として実行すると良い。テンポラリへのアクセス権の問題らしい。
※試用したのはバージョン1.8.0.2
※ここで作成したisoファイルをDVD-Rに書き込んでテストしたところ、パソコン、Panasonic製DVDプレーヤ、PlayStation2で再生できた

参考文献

公式サイト/ダウンロード

  • DVDStyler – Free DVD Authoring Application :
    http://www.dvdstyler.de/

関連記事

スポンサードリンク

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です