[Thunderbird] 未対応アドオンを強制的に使う

使用しているThunderbird のバージョンでは未対応となっているアドオンを強制的に利用する方法をメモする。ついでに、ファイルからアドオンをインストールする方法も記述することになった。

スポンサードリンク

未対応アドオンを強制的にインストール

「Signature Switch 1.6.9」というものを試用してみようと思ったのだが、検索から見つけることができなかった。対応バージョンは「Works with Thunderbird 0.7 – 11.*」とされており、使っているThunderbird のバージョンは12.0 だからかもしれない。

そこで、Firefox の時にもあった未対応のアドオンを使う方法が(同じ開発元ということもあるしインターフェイスが酷似していることもあって)ないものか探してみたところ、開発元謹製アドオン「Add-on Compatibility Reporter 」が提供されていることがわかった。

ダウンロード

Add-on Compatibility Reporter :: Add-ons for Thunderbird」から「Add-on Compatibility Reporter 1.1」をダウンロードするか、検索してインストールする。

再起動すれば有効になる。

・・・しかし、それでも解決できなかったので「[Thunderbird] ファイルからアドオンをインストール」を行った。

※有効化するのが目的であり、仕様変更等で使えなくなっているアドオンが使えるようになる魔法的なものではない

参考文献

関連記事

スポンサードリンク

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です