CPUやハードウェアの情報を調べる – CPU-Z

フリーソフトウェア CPU-Z を利用すると、本来筐体を開けたり起動中にBIOSを操作して確認しなければならない情報も確認できる。ZIP版も用意されているからインストール不要でも利用できる。

ダウンロード

使い方

CPUに関する情報。ここでは主にCPUの名称、Socket、命令セット、CPUのクロック周波数や倍率、バススピード、CPUの個数やスレッド数などをみることができる。

スポンサードリンク

Cacheに関する情報。

Mainboardに関する情報。マザーボードの製造元やBIOSのバージョン、グラフィックインターフェイスの詳細も確認することができる。

Memoryに関する情報。メモリータイプや動作速度、搭載量を見ることができる。搭載量はOSが認識していない部分も表示される。また、シングルチャネルモードか、デュアルチャネルモードかも見ることができる。

SPDに関する情報。スロットごとのメモリ情報を見ることができる。スロットごとの情報を見ることができるから、筐体を開けずに空きスロットがあるか、現在差し込まれているメモリの容量はいくらか、などを調べることができる。

Graphics に関する情報。搭載されているGPUの名称やメモリ量、動作速度などを見ることができる。

About。現在の情報をテキストやHTMLとして保存することもできる。

関連記事

スポンサードリンク

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です