[WordPress] ビジュアルエディタにTinyMCE を使う

上図はWordPress 3.0.4 の標準エディタ。

WordPress には標準でビジュアルエディタとHTML エディタが備わっているが、TinyMCE Advanced というプラグインをインストールすることで拡張されたビジュアルエディタを使うことができる。

スポンサードリンク

(HTML エディタで挿入できるが)標準エディタにはないアンカーやスマイルなど様々な機能が用意されている。これらはボタン配置や使う使わない機能を決めることができ、ドラッグアンドドロップすることで簡単にカスタマイズできる。

区切り線は下にたくさんある小さな四角。

TinyMCE Advance カスタマイズ例

特にテーブルの扱いが簡単らしい。全画面表示などもできるが、TinyMCE のメディアボタンをクリックしてもWordPress 標準のメディアライブラリから挿入する画面にはならない。この場合、「アップロード/挿入」に並ぶボタンをクリックすることで解決する。

HTML エディタに切り替えなくてもHTML ソースエディタが搭載されている。整形して表示してくれると嬉しいのだが…。

関連記事

スポンサードリンク

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です