Windows 起動前にウィルススキャンできるMicrosoft Standalone System Sweeper Beta

Windows を開始する前にウィルススキャンできるMicrosoft謹製ソフトウェア。

個人とSOHO は無償で使えるそうで、対応OS はWindows XP/Vista/7/XP x64/Vista x64/7 x64。

ダウンロード

※ダウンロードする際に32bit か64bit かを選択する。この場合の選択は(起動ディスクを作成するWindowsではなく)スキャン対象のOS を指しているらしい。

スポンサードリンク

使い方

起動ディスクの作成

ダウンロードしたmsstools32.exe (またはmsstools64.exe)を開く。

Next をクリック。

同意できる場合はI accept をクリック。

作成方法を選択する。ここではiso イメージファイルを作成を選択した。

iso ファイルの保存先を選択してNext をクリック。

iso ファイルを作成している。必要なファイルをダウンロードしているらしい。

# 定義ファイルの更新など考えると使用前に毎度作成したほうが良いのだろうか?

Finish をクリック。

必要があれば出来上がったディスクイメージを書き込む。Windows7 は標準機能で、それ以外はImgBurn などで。

ディスクから起動する

Windows7 のような画面で起動する。WindowsPE なのかな。

WindowsXP 32bit で試したところ、エラーがでた。対応OS を再度確認すると「Windows XP/Vista/7/XP x64/Vista x64/7 x64」と記載されているからあっているハズなのだが。

ちなみに上図は32bit 用に作成した起動ディスクで64bit OS をスキャンしようとしたところ。エラーになる。

うまく次のステップに行くと、起動の準備が始まる。(WindowsXP 64bit は起動できた)

フルスキャンを行ってみる。他にクイックスキャンなどもできる。

スキャン中。

スキャンが完了して問題がなかったところ。プログラムを終了するとパソコンが再起動される。

参考文献

関連記事

スポンサードリンク

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です