[Webmin] Virtualmin とFTP、SSH、SFTP

結論から言うと、Virtualmin でFTP を使うことを諦めた。といっても代替手段があるからなのだけれど。

スポンサードリンク

まず、「使えない」というのが何を指しているかというと、MLSD コマンドでタイムアウトしてしまうことを指している。ログによればログイン自体に問題はなく、ディレクトリの読み出しでタイムアウトしているように感じた。ちなみにFTP クライアントはFilezilla

試したこと

  • Filezilla: ディレクトリ「未指定」→「/」にしたがダメ
  • Filezilla: タイムアウト時間を「10」→「300」にしたがダメ
  • Virtualmin: IP Base での接続を許可したがダメ

現在はこの問題を解決する技量を持ちあわせておらず、また、問題の解決に割く時間もないことから、試しにSSH 接続をしてみた。もし、SSH が利用できるならSCP なりSFTP なり代替手段が確保できるからだ。

SSH & SFTP

利用しているのはデフォルトテンプレートだが、SSH は許可されているようだった。

さらに、Filezilla はSFTP に対応しているから、認証情報そのままに選択肢を変更するだけで良い。

結果、SSH もSFTP も接続ができた。

「解決策」といえるかどうかは知らないが、Virtualmin を評価するには十分な対応だと思う。

ログ

03:20:29    状態:    192.168.1.23:21 に接続しています...
03:20:29    状態:    接続が確立されました, ウェルカム メッセージを待っています...
03:20:29    応答:    220 FTP Server ready.
03:20:29    コマンド:    USER hoge
03:20:29    応答:    331 hoge のパスワードを入力しください
03:20:29    コマンド:    PASS *********
03:20:29    応答:    230 hoge がログインしました
03:20:29    コマンド:    OPTS UTF8 ON
03:20:29    応答:    200 UTF8を有効
03:20:29    状態:    接続されました
03:20:29    状態:    ディレクトリーの一覧を読み出しています...
03:20:29    コマンド:    PWD
03:20:29    応答:    257 カレントディレクトリは "/" です
03:20:29    コマンド:    TYPE I
03:20:29    応答:    200 転送タイプを I にセットしました
03:20:29    コマンド:    PASV
03:20:29    応答:    227 Entering Passive Mode (192,168,1,23,183,13).
03:20:29    コマンド:    MLSD
03:20:39    エラー:    接続タイムアウト
03:20:39    エラー:    ディレクトリー一覧表示の取得に失敗しました。

→ それでは次回、テストCGI とWordPress でPHP の動作確認でもしてみる

関連記事

スポンサードリンク

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です