[CMS] Drupal インストール&試用(Ver.6.22 日本語)

Drupal のインストールテスト。久しぶりに利用して、最近どのようになったのかを調べてみる。

ダウンロード

※最新版は7.8 らしいが、Drupal Japan が6.22 日本語版を推奨していたので、drupal-6.22-japanese_022 をダウンロードした

インストール

必要なファイルをFTP で転送して、サイトトップにアクセスするとインストーラーが起動した。日本語を選択した。

スポンサードリンク

データベース接続情報を入力して次へ。

日本語関連のプロフィールがインストールされた。特に操作はなく画面遷移した。

翻訳のセットアップが実行されたが、これも前途同様特に操作せず画面遷移した。

サイトの環境設定。サイト名とメールアドレスを設定した。

管理者アカウント情報を入力し、パスワードを設定した。

タイムゾーンや自動アップデートに関する設定。クリーンURL はおそらく.htaccess の読み書きチェックが行われたのではないだろうか。

翻訳の完了。特に操作はなかった。

セットアップが完了した。「新しいサイト」をクリックする。

管理画面

「新しいサイト」をクリックすると、様々な情報が提示される。管理画面。

※今回のインストール、設定では管理画面のトップは/admin となり、かつBlueOnyx 上でのテストだったため、BlueOnyx の管理画面アクセスURL とバッティングしてしまい表示できなかった

コンテンツの作成などもこの画面から行える。

ストーリーとページがあり、WordPressで例えるなら前者が投稿、後者が(固定)ページに当たると思われる。

リポート

リポート機能は404 や403 エラーがどこで発生したかなど、サイト運営上必要不可欠となる情報を閲覧できる。その他、アップデータ等の情報にもアクセスできるようだ。

ページの作成テスト

Drupal は初期状態でエディタを備えていないようで、シンプルに利用できる。

ディーザーというボンタンをクリックすると、カーソル位置で分割できる。以前の部分は表示され「続きを読む」をクリックすることで、後半部分を含むページが表示される。

デザイン調整

カラー調整

テーマそのものを変更しなくても、カラーを変更することができる。

テーマ変更

テーマを変更することもできる。FTP アップロードが必要だった。テーマはmarinelli-6.x-2.96 だったと思う。

プラグイン試用

エディタ変更(fckeditor-6.x-2.1)

FCKeditor は期待した動作をしなかったか、動作させる能力が筆者になかった。

エディタ変更(openwysiwyg-6.x-1.0-rc1)

その他のエディタとして openwysiwyg-6.x-1.0-rc1 を利用したが、Chrome では対象がブラウザとして機能しなかった。

Firefox で動作させたところ、利用できた。

動作設定

細かな動作設定が行えるようだ。

メール

今回のセットアップで登録したメールアドレス宛にメールが送られた。

関連記事

スポンサードリンク

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です