Ubuntu 12.04 LTS 日本語変換IBus をインストール

必要な物だけで構築したデスクトップ環境には、日本語変換もインストールされていない。そもそも不要だろうと思っていたが、やっぱり必要だと感じたのでインストールをメモしておく。

スポンサードリンク

$ sudo apt-get install ibus

単純にインストールした上記ではよろしくないらしい。

$ sudo apt-get install kasumi ibus-anthy

とするとそれらしい動作になった。

動作確認

Ubuntu デスクトップ環境を日本語環境にしている場合は「システムツール > 設定 > キーボード・インプットメソッド」をクリックする。

「キーボード・インプットメソッド(IBus デーモン)が起動していません。今すぐ起動しますか?」と表示されるので「はい」をクリックする。

「IBus が起動しました!IBus を使用できない場合は~」と表示されるので「OK」をクリックする。

「IBus の設定」が表示されるが「閉じる」をクリックする。

適当にChrome のアドレス欄を選択し、「全角半角」を押し、入力した文字列を変換してみた。すると変換候補が表示され、正しく動作しているように見えた。

→ 自動起動させたいので続く

メモ

  • ibus ibus-gtk ibus-gtk3 im-switch libappindicator1 libindicator7  python-appindicator python-ibus
  • anthy anthy-common ibus ibus-anthy kasumi libanthy0 libglade2-0  python-glade2

参考文献

関連記事

スポンサードリンク

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です