[Linux] Linkstation に rsync で VMware バックアップ

VMware Server2 の仮想マシンをバックアップする。

様々なバックアップ方法があると思うが、2TB の外付けハードディスクが入手できて、Linkstation が淋しがっている。そこで、Linkstation にVMware Server2 の仮想マシンをバックアップしようと思う。

特にrsync にこだわったわけではなく、これまでrsync を使ったことはないが、今後必要になってくるかもしれないと思い、ここで勉強しておくことにした。

スポンサードリンク

Linkstation のマウント

意外なところでハマった…

エラー例1


mount: //192.168.1.54/share/ is not a valid block device


エラー例2


mount: wrong fs type, bad option, bad superblock on //192.168.1.54/share,
 missing codepage or helper program, or other error
 (for several filesystems (e.g. nfs, cifs) you might
 need a /sbin/mount.<type> helper program)
 In some cases useful info is found in syslog - try
 dmesg | tail  or so


マウントポイント作成


$ sudo mkdir /mnt/ls54


マウント


$ sudo mount -t cifs //192.168.1.54/share /mnt/ls54/ -o username=share,iocharset=utf8,file_mode=0777,dir_mode=0777


※文字化けしているが気にしないことにした。気にする場合は以下で調整できるとか。


$ sudo aptitude install smbclient
 $ sudo aptitude install winbind


アンマウント


$ sudo umount /mnt/vmbackup


テスト


$ vi /mnt/ls54/vmbackup/test.txt


参考文献

ここまでの参考文献。

容量の確認

仮想マシンの容量

現在VMware Server2 が使用している容量を確認する。


$ du /var/lib/vmware/ -hs
 46G     /var/lib/vmware/


Linkstation の空き容量


$ df /mnt/ls54 -h
 Filesystem            Size  Used Avail Use% Mounted on
 //192.168.1.54/share  183G  160G   23G  88% /mnt/ls54


あ、足りない。。。

参考文献

ここまでの参考文献。

バックアップ

cp +オプションでそれっぽい転送できるじゃん、つか、USB HDD 使えよ。はえーぞ、というツッコミはナシで)

使い方


Usage: rsync [OPTION]... SRC [SRC]... DEST
 or   rsync [OPTION]... SRC [SRC]... [USER@]HOST:DEST
 or   rsync [OPTION]... SRC [SRC]... [USER@]HOST::DEST
 or   rsync [OPTION]... SRC [SRC]... rsync://[USER@]HOST[:PORT]/DEST
 or   rsync [OPTION]... [USER@]HOST:SRC [DEST]
 or   rsync [OPTION]... [USER@]HOST::SRC [DEST]
 or   rsync [OPTION]... rsync://[USER@]HOST[:PORT]/SRC [DEST]


バックアップ


$ sudo rsync -r -v --delete --size-only --bwlimit=1000 --progress /var/lib/vmware /mnt/ls54/vmbackup


※通常のファイルバックアップなら正しいのだろうが、これは稼働中のVMware Server2 の仮想マシンをそのままバックアップする荒削りなやり方で、正しくバックアップしていない。稼働中のディスクはlogwatch 等で監視しているものの、突然死することもあるから無いよりはマシという位置づけ。

オプション

-v

処理状況の表示

–progress

処理状況の表示

-r

ディレクトリを再帰的に。

–delete

更新元に存在しないファイルが転送先に存在した場合、削除する。

–size-only

比較をサイズのみで行う。

–bwlimit=1000

帯域制限。数値はKB。

※本来は別の正しいコマンドがあるのかもしれないけれど、この場合、ディスクアクセス過多でOS がダウンしたり、load average が上昇するのを防ぐ目的で使っている。その分時間は掛かるがLinux もVMware Server2 もディスクアクセス過多でタダでさえ落ちやすいから仕方ない。ということはもっと正しい制限の仕方があるんだろうな。

参考文献

ここまでの参考文献。

関連記事

スポンサードリンク

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です