t_businessday.cgi – ○日後を求めるライブラリの呼び出しサンプル

○日後を求めるライブラリを呼び出すためのサンプルCGI

スポンサードリンク

t_businessday.cgi

#!/usr/bin/perl

#-----------------------------------------------------------------------------
 # テストプログラム
 #-----------------------------------------------------------------------------
 # ライセンス :GPL
 # 著作者  :CASEY
 # 開発履歴  :
 #  Ver.0.00 2005-05-05 プロトタイプ
 #  Ver.0.01 2008-02-05 公開

use strict;       #変数局所化強制
 use lib './lib';     #For Debug (add lib path)
 use CGI::Carp qw(fatalsToBrowser); #For Debug (error for screen)
 BEGIN{
 use Time::Local;
 use Date::Simple(':all');
 }
 require "./businessday.pl";
 require "./date.pl";

# 18時受付までが本日、それ以降は翌日受付になる
 my $TimeLimit   = 18;   #時以降
 my $AddBusinessDay  = 3;   #日後の営業日

##############################################################################
 print "Content-type: text/html\n\n";

# 制限時間を越えているか? ############
 # 処理開始時刻
 my($sec, $min, $hour, undef, undef, undef) = localtime(time);

# 比較時間生成:19:32:15 → 193215
 my $diffTime = $hour . $min . $sec;

# 限界時間生成:18時 → 180000
 $TimeLimit = $TimeLimit * 10000;

# 指定時刻を越えていれば営業日インクリメント
 if($TimeLimit <= $diffTime){ $AddBusinessDay++; }

my $day = today;
 print "TODAY -> $day<BR>\n";
 print "After $AddBusinessDay Days.<BR>\n";

my($Y, $M, $D) = &AfterBusinessDay($day, $AddBusinessDay);
 print "Ans. $Y-$M-$D<BR>\n";
 print "VerInfo<BR>\n";
 print &AfterBusinessDayVer;

exit(0);

関連記事

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です