RadarSync 2009 – ドライバやソフトウェアの更新を手助けしてくれる

自作PCなどではしばしばドライバの更新がたいへんである。そんなときに助けてくれるソフトがRadarSyncである。RadarSync 2007(フリー版)まではダウンロードへの案内までだったらしいが、RadarSync 2008はダウンロードもしてくれるし、復元ポイントまで作るか聞いてくれる。さらにソフトウェア(たとえばWMPやZoneAlarm等)も更新の対象にしてくれる。

ただし、注意しなければならないことがいくつかある。

  • 日本語ではない(特に難しいことはない)
  • たとえばフリー版ZoneAlarmを更新するとPro版を案内される
  • 英語版がダウンロードされるので、ソフトウェアによっては日本語版があるか手動で確認する必要がある。
  • インストールされているドライバに対しての更新を見つけるソフトウェアであり、「不明なデバイス」等になっているものを解決してくれるものではない。

など

スポンサードリンク

◆ダウンロード

参考文献

oldId.20080710211610312

関連記事

スポンサードリンク

Comments