携帯電話用着信音を作成する – P904i

今回は携帯電話用の着信音を作成する手順をまとめておく。さほど難しいことはないのだが、相変わらずメールかHTTPサーバからダウンロードしなければならない。

スポンサードリンク

準備

  • パソコン
  • WEBサーバもしくは外部アプリケーションからメールができる環境
  • WMAこんぶ
  • 着もと
  • neroAacEnc.exeを着もとの実行可能ファイルのある場所へコピー
  • SoundEngine Free

手順

次の手順で着信音を作成する

  1. 編集前のWAVファイルの準備
    → WMAもしくはMP3ならWMAこんぶが簡単に変換できる
    (44.100KHz/128Kbps程度でよいと思う)
  2. 編集前のWAVファイルの波形編集
    → SoundEngine Freeを使う
  3. 編集後のWAVファイルの保存
  4. 着もと化
    → どのように出力するかによって容量が変化するので工夫する
    (AAC-LCよりHE-AACよりneroAacEncのほうがより小さく音が良いらしい)

参考

  • P904iでは本体に20MBの容量がある。
  • 編集して25秒程度の音楽で次のようになった
    • 着もと化して429KBのファイル
      171.6円(3,432パケット)*1
      形式AAC-LC
      ビットレート128Kbps
      サンプリング周波数48KHz
      非常によい音になった。再現環境(スピーカの性能など)による。
    • 着もと化して163KBのファイル
      65.2円(1,304パケット)*1
      形式AAC-LC
      ビットレート80Kbps
      サンプリング周波数16KHz
      このファイルは音質がよろしくない感じがしたが、気にしない人なら問題ない範囲?
    • 着もとフル化して17KB
      形式Enhanced aacPlus
      ビットレート16Kbps
      少しこもった感じになるけれど、十分な音質だと思う
    • 着もとフル化して165KB
      形式Enhanced accPlus
      ビットレート48Kbps
      非常によい音でファイルが小さい。これは素晴らしい。
  • 900iシリーズは300KBまで対応
  • 904iは500KBまで対応
  • 着もと化したものはiモーションとして保存される
  • 着もとフル化したものはミュージックとして保存される

*1:パケットパック30(=@0.05円/パケット)で算出。割引サービスがなければその倍額

関連記事

スポンサードリンク

Comments