DeleGate を設定する前の準備

DeleGate を設定する前に、まずは3つのドメインを設定する。

ここでは通常のウェブサーバーとして構築し、「サーバーの準備1」では「example.com」を、「サーバーの準備2」では「dummy-host.example.com」と「dummy-host2.example.com」を運用するように設定する。

スポンサードリンク

サーバー1と2の準備

サーバー1とサーバー2で共通する準備(ウェブサーバーの準備)を行う。

$ wget http://sourceforge.net/projects/xampp/files/XAMPP%20Linux/1.7.7/xampp-linux-1.7.7.tar.gz/download -P ~ -O xampp.tar.gz -v && sudo tar xvfz xampp.tar.gz -C /opt $ sudo apt-get install ia32-libs $ sudo /opt/lampp/lampp start

なお、今回はテストのため、XAMPP をUbuntu 12.04 LTS Server 64bit にインストールした。(参考:Ubuntu でXAMPP を使う (64bit)

サーバーの準備1

Host の定義

$ sudo vi /opt/lampp/htdocs/index.html
#ServerName www.example.com:80
 # XAMPP
 ServerName localhost

↓ コメントアウトを無効化する

ServerName www.example.com:80
 # XAMPP
 ServerName localhost

コンテンツの準備

内容は何でもよい。ここでは「TEST1」とだけ記載した。

$ sudo vi /opt/lampp/htdocs/index.html

サーバーの準備2

VirtualHost 定義を読み込む

VirtualHost に2つのサブドメインを設定する。

$ sudo vi /opt/lampp/etc/httpd.conf
# Virtual hosts
#Include etc/extra/httpd-vhosts.conf

↓ コメントアウトを無効化する

# Virtual hosts
Include etc/extra/httpd-vhosts.c

Virtual Hostを定義する

予め定義されているものを流用する。ただし、「/www/docs/」の前に「/opt/lampp/htdocs/」を追記する。

$ sudo vi /opt/lampp/etc/extra/httpd-vhosts.conf
<VirtualHost *:80>
     ServerAdmin [email protected]
     DocumentRoot /opt/lampp/htdocs/www/docs/dummy-host.example.com
     ServerName dummy-host.example.com
     ServerAlias www.dummy-host.example.com
     ErrorLog logs/dummy-host.example.com-error_log
     CustomLog logs/dummy-host.example.com-access_log common
</VirtualHost>

<VirtualHost *:80>
     ServerAdmin [email protected]
     DocumentRoot /opt/lampp/htdocs/www/docs/dummy-host2.example.com
     ServerName dummy-host2.example.com
     ErrorLog logs/dummy-host2.example.com-error_log
     CustomLog logs/dummy-host2.example.com-access_log common
</VirtualHost>

コンテンツの準備

内容は何でもよい。ここでは「TEST1」とだけ記載した。

$ sudo mkdir /opt/lampp/htdocs/www/docs/dummy-host.example.com/ -p
$ sudo vi /opt/lampp/htdocs/www/docs/dummy-host.example.com/index.html

内容は何でもよい。ここでは「TEST2」とだけ記載した。

$ sudo mkdir /opt/lampp/htdocs/www/docs/dummy-host2.example.com/ -p
$ sudo vi /opt/lampp/htdocs/www/docs/dummy-host2.example.com/index.html

サーバー1と2の起動

サーバー1とサーバー2を起動し、アクセスできるか確認する。

$ sudo /opt/lampp/lampp start

動作確認

※この作業はクライアントから行う

hosts ファイルを変更し正しく表示できるか確認する。(参考:**)

サーバー1

サーバー2

→ 動作確認ができたら「DeleGate の設定(リバースプロキシ)」に進む。

関連記事

スポンサードリンク

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です