出力サイズを指定してエンコードする

動画編集ソフトで作成したり、録画したビデオなどはしばしばメディアの容量を超えてしまう。この問題を解決するのが動画圧縮だ。しかし、非常に奥が深い。そこで、画質に拘る人には怒られそうだけれど、簡単に、できるだけ品質を落とさずにサイズを指定して圧縮する方法を調査した。

スポンサードリンク

◆Windows Movie Makerを使う

完成した動画ファイルはしばしば巨大なものになる。そこで動画ファイルを読み込み、容量を指定した動画ファイルとしてエンコードする手段としてWindows Movie Makerを使う方法。

作業はいたって簡単で、新規プロジェクトに完成した動画ファイルをトラックに貼付け、出力するだけ。出力する際にサイズ指定がある。これを利用する方法。


▲書き出し中(何故か85Mbまでしか指定できなかった…?そういう仕様なのかな?)

※その他にも用途に応じて様々なソフトウェアがあるが、適宜更新して行く(予定)

◆参考文献

  • Windows XP 付属の編集ソフト・ムービーメーカーを使った動画圧縮方法 :
    http://www.news.janjan.jp/movie/janjanclip/movhelp04.html

関連記事

スポンサードリンク

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です