[CMS] SOY CMS インストール&試用(1)

SOY CMS は一般的なHTML ファイルをテンプレートファイルとして、ほとんど改変せずに利用できる特徴がある。

ダウンロード

※MySQL 版インストーラー付きVer.1.3.5a を試用した

インストール

環境を確認して次へ進む。

必須環境

PHP 5.2.0以降のモジュール版、および以下の拡張モジュールが使用可能

  • PDO
  • PDO_SQLite (SQLite版のみ)
  • PDO_MySQL (MySQL版のみ)
  • mbstring
  • Standard PHP Library (SPL)
  • JSON
  • SimpleXML
  • Apacheおよび、以下の拡張モジュールが使用可能
  • mod_rewrite および .htaccess でRewriteの設定とファイルへのアクセス設定が可能であること

推奨環境

  • 必須環境を満たしていること
  • PHP 5.2.2以降
  • Zip
  • GD
  • HASH

スポンサードリンク

ランセンスに同意できる場合は次へ進む。

インストール先ディレクトリを確認して次へ進む。

※本体が/web にあるが、インストール先として自動的に決定されたのは /web/cms になっていた

データベース接続設定を入力して次へ進む。

動作環境の確認が行われる。幾つかの警告が表示されたが、今回はそのままインストールした。

インストールが完了したら次へ進む。

ログを表示するか管理者ページへ進むかの選択肢が表示される。ここでは管理者ページへ進んだ。

管理者アカウントの設定。

管理画面

ログイン

作成したアカウント情報を入力してログインする。

管理画面にアクセスしたところ。

# サイト一覧という文句からは、いくつかのサイトを作成できる気がする。また、キャッシュのクリアという項目があることから、キャッシュ機能を備えているようにも思える。

動作確認

この状態で本体をFTP転送したディレクトリにアクセスすると、インストーラーが表示された。実運用の際には何らかの対処が必要だろう。

また、インストール先に指定された/cms にアクセスするとディレクトリインデックスが表示された。実運用の際には何らかの対処が必要だろう。

→ 続く

参考文献

※SOY CMS とSOY CMS2 は別のものです

関連記事

スポンサードリンク

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です