[phpMyAdmin] Ver.3.4.3.2 を試用する

これまで構築してきたBlueOnyx に問題があるのか、phpMyAdmin へアクセスしようとすると無限ループと思われる状態になってしまう。この状態ではデータベースを操作できないため、操作したいサイトにphpMyAdmin をインストールして操作をすることにした。

ダウンロード

スポンサードリンク

※phpMyAdmin-3.4.3.2-all-languages を選択した

Ver.3.4.3.2 を選択した理由

Ver.3.4.3.2 は執筆時点で最新版ではないが、cPanel を利用する多くのホスティングプロバイダがphpMyAdmin のバージョンアップをした際に、Ver.3.4.3.2 になっていたので、これを選択した。

インストール

解凍してFTP 転送。

使い方

ログイン

以前は様々な設定を事前にする必要があったハズなのだが、特になにもせずログイン画面が表示された。

そして、ログインできてしまった。

phpMyAdmin は記憶している限り大きく分けて3つの進化があり、1つはおそらく現在でも多くのホスティングプロバイダが採用しているバージョン。

その後のphpMyAdmin はより複雑な設定を必要とするようになり、上手く動作させることができなかったので投げてしまった(バージョンの古いまま使っていた)。

そして今回のcPanel で採用されていたバージョン。これが今回試用したバージョンだが、簡単に動作してしまい驚いた。

テーブルの削除

BlueOnyx のサイト作成の時にデータベースを使用するように設定すると、1つのデータベースが利用できる。

まず、このデータベースを選択してテーブルを表示させる。

次に、すべてをチェックし、削除を選択する。

次の画面で実行するかを問われるから、削除するなら実行する。

削除が完了したところ。

今回はBlueOnyx が期待した動作をしないため、応急的にテーブルを削除する目的でphpMyAdmin を試用したが、問題なく動作した。

関連記事

スポンサードリンク

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です