パンダ・アップデートとWordPress(2) – 対策例

現状を「パンダ・アップデートとWordPress(1)」に記載した。

アクセスが減った可能性をパンダ・アップデートが原因とすれば、考えうる対策はどのようなものか調べる。偶然にもここのところrobots.txt を取り扱うことが多かったが、WordPress でもrobots.txt を弄る必要があるかもしれない。

スポンサードリンク

robots.txt

まず、「(仮)WordPressのパンダアップデート対策(robots.txt) | ColdSleep」を参考にした。確かにプラグイン「Google XML Sitemaps」は利用していて、かつ、robots.txt も勝手に設置してしまっている。同サイトによれば、標準的なrobots.txt は次のような内容とのこと。

User-agent: * 
Disallow: /wp-admin/ 
Disallow: /wp-includes/ 
Sitemap: http://www.coldsleep.jp/sitemap.xml.gz

同サイトを参考に次のようにして様子を見ることにした。

User-agent: *
Disallow: /wp-admin/
Disallow: /wp-includes/
Disallow: /wp-content/
Disallow: /category/
Disallow: /tag/
Sitemap: https://pc.casey.jp/sitemap.xml
Sitemap: https://pc.casey.jp/sitemap.xml.gz

また、サイトによってはrobots.txt が設置できないこともあるかもしれない。これには「All in One SEO Pack」という有名プラグインが何とかしてくれそう。このプラグインについては「Wordpressサイトのパンダアップデート対策衝撃動画・面白動画と画像の100000dobu | 衝撃動画・面白動画と画像の100000dobu」が参考になる。

参考文献

  • WordPressサイトがパンダアップデートからリカバリする5つのTIPS | WEB戦略情報総合ポータル
  • ロボット(Google・Yahoo!・Microsoft) – ロボ避けとアクセス制限のための覚え書き – livedoor Wiki(ウィキ)
  • マルチサイトにはGoogle XML Sitemaps with Multisite support | Webデザインノート – 川越のWEB屋
  • ネットdeあくせく。。: robots.txtを作ってみた
  • WordPressサイトのパンダアップデート対策衝撃動画・面白動画と画像の100000dobu
  • The Ultimate Robots.txt for WordPress

関連記事

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です