CakePHP – ACL再入門(9)

やっぱりACLは難しい。整理の意味も含めてもう一度入門しておく。(今回はCakePHP1.3.2です)

さて、ようやく準備が整った。

  1. ACL関連テーブルの初期化
    • app_controller.php の
      Configure::write(‘debug’, 2);
      $this->build_acl();
      を一時的に有効化して何かしらのアクセスをして、また戻す。
    • 一時的にグループ登録とユーザ登録が可能になるようにACLから逃がすために
      $this->Auth->allowedActions = array(‘*’);
      を有効にする。
  2. グループ登録
    • 1=admin(原則どのコントローラのアクションも実行できる)
    • 2=test(原則禁止、許可されたコントローラのアクションを実行できる)
  3. ユーザ登録
    • 1=admin
    • 2=test
  4. ここまででadminグループにadminさんが居て、testグループにtestさんが居ることになる
  5. users_controller.php の //$this->initDB(); を有効にして、(この場合は)/usersにアクセスする(と、ACL関連の登録が行われる)
  6. /からテスト画面へのリンクがあるので、見られていいもの、悪いものが正しく処理されているか確認する

※記憶を頼りに書いているので違うかもしれない。健闘を祈る!
※functionを増やすたびに//$this->initDB(); の処理は必要

関連記事

スポンサードリンク

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です