CrashPlan-P2Pで動作する面白いバックアップソフトウェア

P2Pで動作する面白いバックアップソフトウェア

スポンサードリンク

以下は参考サイトより:

  • 個人利用に限りフリー(ベーシック版)
  • P2Pで動作する
  • オンラインストレージや外付けHDD、サブPC、ネットワークフォルダへバックアップできる
  • Windows 2000/XP/Server 2003/Vistaなどに対応、64ビット版もある
  • ”友達”のPCにバックアップしても、暗号化されているから中身を見られることはない
  • 自分が所有する別PCへバックアップする場合は、バックアップ対象にしたいPCへ本ソフトをインストールし、同じアカウントでログインする
  • 1つのアカウントには10個までのPCを登録できる
  • 任意のフォルダを追加可能
  • バックアップデータは世代管理される
  • 拡張子や正規表現でファイルをフィルタリングして、バックアップ対象から除外する機能も備えている
  • 初期設定ではタスクトレイに常駐するが、1日のうち指定した時間帯だけ動作させるといったことも可能
  • PCへの入力の有無を監視して在席・離席を判定し、それぞれの場合のCPU使用率とネットワーク利用率を制限することもできる
  • バックアップ作業に関する情報を、メールやミニブログサービス“Twitter”のダイレクトメッセージで通知できる機能を備える。たとえば、長期間バックアップがとられていない場合に、警告メッセージを通知するといった使い方が可能
  • 商用で利用する場合は、有償の上位版「CrashPlan+」を利用する必要があり、価格は59.99米ドルなど。なお、有償版では無償版で制限されている、変更されたファイルを逐次バックアップする機能、圧縮バックアップ機能なども利用できる。また、Mac/Linux版も用意されているほか、Soralis版がベータ版として提供されている。 

◆参考文献

関連記事

スポンサードリンク

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です