WordPress 不要なリビジョンを抑制・削除する

Delete-revision Manager

参考文献によると、WordPress 2.6 以降に搭載されたリビジョン保存機能。リビジョンというのはRevと表現されるそれで、古い版の保存。この機能があると以前の版に戻せるほか、投稿や下書き前の描いているまさにその途中で、自動的にバックグラウンド保存してくれる親切な機能。この機能のおかげでパソコンが突然クラッシュしたり、投稿したらセッションが切れてやり直し、となることを防いでくれる。

スポンサードリンク

リビジョンの良し悪し

ところが、古い版がずっと保存されているとそれも容量が多くなってくるし、投稿してしばらく経った記事の古い版はもはや必要ないだろう。それに新しい記事も、書き直している間に何度も保存してくれるからどんどん増えていってしまう。データベースが肥大化するとパフォーマンスに影響するかもしれない。そうでなかったとしても、たくさんの記事を書く人はバックアップをするだろう。当然、そういった容量にも影響してくる。

どんな方法があるか

  1. 手動でデータベースを直接操作して、不要リビジョンを削除するSQLを発行する
  2. プラグイン「Delete Revision」を用いて不要なリビジョンを削除する
  3. プラグイン「Revision Control」を用いてリビジョン数を制限する

手動でデータベースを作業する

以下のSQLで削除できるそうだ。この情報が記載されているページにはこの他、削除されるものを確認する、記事ごとに確認する方法などが記載されている。

DELETE FROM wp_posts WHERE post_type = ‘revision’
([WP] 投稿リビジョン削除でDBデータが10分の1になった件 | micro_logより引用)

◆Delete Revision

不要なりRevisionを削除することができる

Delete-revision Manager
Check Redundant Revisionをクリックする
Yes,I would like to delete them!で削除される
Yes,I would like to delete them!で削除される

◆Revision Control

Revision Controlを入れておけば作成されるリビジョン数を抑制することができる。

Revision Controlで最大保存件数を設定できる
Revision Controlで最大保存件数を設定できる

※自動保存を無効にするプラグインもある
※バックアップを取ってから作業したほうが良いだろう

参考文献

◆ダウンロード

関連記事

スポンサードリンク

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です