Firefox 不要メモリ解放、セーフモード起動、再起動

解放前のメモリ状態

pc.casey.jp » Firefox 再起動するアドオンでは、ワンクリックで再起動できるアドオンを紹介した。結局、長時間化使うとやはりメモリーの消費量がとんでもないことになってくるので、たまには再起動しようというのが目的。アドオンやプラグインの開発者など頻繁に再起動が必要になる場合も必要になるだろう。

スポンサードリンク

アドオンのインストール

さて、再起動しなくてもメモリーやキャッシュを削除してくれるアドオンがある。こちらの方が用途にあって便利そうなので試してみた。試してみたのは便利そうな AFOM というアドオンだ。早速インストールして再起動。いつもの手順だ。

起動できない

ところが今回は様子が違う。起動できない。Lunascapeにはセーフモードでの起動というものが付いた。Firefoxにもあるだろうと思っていたが、筆者が使っているのはPortable版。スタートメニューからたどるなどはできない。ここのところFirefoxへの依存度が一気に高まっていただけに”もしも”の時を考えると怖い。その他の方法はないものかとさがすと、コマンドがあった。

セーフモード起動

exe に引数 -safe-mode を付けて起動すればよい。オプションで恒久的に~などとあって迷ったが取り敢えずその辺に触れずに進む。するとセーフモードで立ち上がったので、問題のあるアドオンを削除して再起動。すると以前のように元気に動作してくれた。最初の経験だっただけに緊張した。

RAM Back のインストール

懲りずに RAM Back をインストールする。こちらは問題なく動作してくれた。参考文献によるとずいぶん効果のあった人もいれば、Firefox3.xは改善されているから必要ないという意見もあるようだ。今のところ筆者の環境ではあまり効果がなかった。使用期間が短いのか不要メモリが少ないのかわからないが、今後使っていき、検証してみたい。

Clear Cache をクリックする
Clear Cache をクリックする
解放前のメモリ状態
解放前のメモリ状態
解放後のメモリ状態
解放後のメモリ状態

参考文献

◆ダウンロード

関連記事

スポンサードリンク

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です