CUIテキストブラウザ(Lynx)

SSH クライアントから接続し、コマンドライン上から利用できるテキストベースのブラウザを試用している。

今回はLynx を試用する。

スポンサードリンク

Lynx

Lynx(リンクス)は、テキストベースのウェブブラウザ。多くの Unix系OS や Microsoft Windows、Mac OS X(Lynxlet)で動作する。(中略)テーブルに対応していない。 (中略)フレームに対応していない。フレーム内の各文書へのリンクが表示されるため、それらを個別に閲覧することは可能。(「Lynx (ウェブブラウザ) – Wikipedia」より引用)

インストール

Ubuntu Server 10.04 LTS をVMware Player の簡易インストール機能を用いて構築し、以下のコマンドを実行した。

sudo loadkeys jp
sudo apt-get upodate
sudo apt-get upgrade -y
sudo apt-get install ssh
sudo apt-get install vim
sudo apt-get install lynx

※設定等は行なっていない状態のもの
※x:期待した動作をしない / o:期待した動作をした / ? 未調査/ o? 場合による

機能調査

WHR-G301N
 - EUC-JP        o
 - JavaScript    o
 - Frame        o
 - Auth            o
RT57i
 - Shift_JIS    o
Google.com
 - UTF-8        o
 - SSL            o
 - Login        o
 - Cookie        o
 - Gmail        o (HTML)

スクリーンショット

Shift_JIS ページの表示。

Google 。

設定に関する情報

日本語を表示できるようにする

lynx.cfg の396行目あたりのCHARACTER_SETを編集する。

$ vi /usr/local/lib/lynx.cfg 396G Shift_JISを設定したいので、コメントアウトしてshift-jisを指定する。

CHARACTER_SET:shift_jis (396行目あたり)
ASSUME_LOCAL_CHARSET:utf-8 (476行目あたり)
PREFERRED_LANGUAGE:ja (549行目あたり)

その他

Japanese (EUC-JP) euc-jp
Japanese (Shift_JIS) shift_jis
UNICODE (UTF-8) utf-8

(「Lynx をインストールする | 渋谷生活」より引用)

参考文献

関連記事

スポンサードリンク

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です