HP ProLiant ML110 G7 を買ってみた(1) 開梱と外観

HP ProLiant ML110 G7 を買ってみた。

スポンサードリンク

開梱

というわけで購入してみた。今回も電源入れるまで長そう・・。

開梱一発で出てきたのは、USB キーボード(上)、光学式マウス(左中央)、電源ケーブル(左下)、その他の添付品。

下に本体が横たわって入っているスタイルはRB もPJ も同じで、その他のパソコンでも同じ。一般的なスタイルだろう。

ところで電源ケーブルが2本入っているのは何故だろう。

情報を探すと3P用と2P用ではないか?と言うものがあった(他にはサーバーラック用にサービスコンセント用の形状のものでは?というものもあった)が、同じ3Pのようだった。うろ覚えの情報では、確かこの機種のオプションでリタルダンド電源を最大2つ搭載できるハズだが、その為だろうか。

USB キーボード。

ここではじめて本体とご対面。

旅行かばんにでも付けるようなタグが見える。何だろうと思っていたのだが、これが後に”HP 素晴らしい!”となる機能を利用するためのものだった。

外観

背面

背面を上から見ていく。

まず、上部には電源ユニットが見える。

その少し下を見る。

マザーボード側には「VGA」、「シリアル」と見慣れたものが確認できる。その下には「LAN が2つ」ある。これも上記で触れた”タグ”同様、”HP 素晴らしい!”となる機能を利用するためのもの。

それから、鍵がある。この鍵がロックする機構も面白かった(後述する)。

# そう言えばサウンド無いね。不要だけど。

その少し下を見る。

UID と書かれたものが見える。何だろう(後述する)。

右側にはケースファンがある。

これも一般的な位置にあり、特に珍しいものではない。

少なくとも外観から確認できるところでは。

その少し下を見る。

最下部には拡張スロットがある。

これも特に珍しいものではない。

前面

MADE IN TOKYO っとな。

前面からアクセスできる5インチベイが2つ。

それから鍵、4 つの前面USB ポート、LED 、電源ボタン。

LED はLAN1、LAN2、UID(ボタンも兼ねる)、ディスクアクセス、電源。

格子になっているところは吸気にも利用される(たぶん)。

カバーを外すと4つのハードディスクスロットなどがある。

→ 次回、鍵を開けてチラ見する

関連記事

スポンサードリンク

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です