OpenIDを発行しているところ

微妙に挙動が違うOpenID。

基本に忠実に動作してくれるともっと広がるのだろうけど、なかなかそうもいかないようだ。まず、どこで発行されているのかを調べることにする。

スポンサードリンク

最も問題なのは、ブラウザの独自拡張を争っている時代と違うこと。「拡張」するなら基本は同じなのだが、「削られる」ので困る。

ニックネーム(半角英数)とメールアドレスはとても必要な情報だと思う。でも、ユーザが自分の意思で決めることができるにもかかわらず(適法)、出さないプロバイダがある。

だから、”OpenID”にだけ対応すればよいのに、それぞれのプロバイダにあったプログラムを作らないとならない。そこで、「セキュリティーの固いサイトこそ」、ID/メールアドレス、パスワードを他のサイトで入力させられることになる。

すべからく、セキュリティーの固いサイトほど、セキュリティーが弱くなる…。どこかのセキュリティー関連の文献にも出ていたけど、まったくそのとおりである。

OpenIDプロバイダ一覧

スポンサードリンク

コメント