WordPress データベース以外のバックアップ

WordPress は、そのデータをデータベースに記録するため、データベースバックアップは必須だ。また、オンラインでプラグインやテーマの追加や削除、メディアファイル(画像や動画など)の追加や削除、加工もできる。特にメディアファイルに関しては実体はファイルを参照しているものの、その管理はデータベースによって行われている。どちらかが欠けても悲しい結果になる。

ここではプラグイン、テーマ、メディアファイルのバックアップを行えるWordPressプラグイン「Wordpress Backup」を紹介する。

スポンサードリンク

インストール

検索してインストールできる。

プラグインを有効化する。

使い方

管理画面の 設定>Wordpress Backup をクリックする。

上から「Upload」ディレクトリ、「テーマ」ディレクトリ、「プラグイン」ディレクトリをそれぞれクリックすることでzipファイルとしてダウンロードできる。

オプション画面。自動バックアップ運用や、メール送信にも対応している。.htaccessでバックアップディレクトリにアクセス制限を掛けるように警告が出ている。

.htaccess

リンク先のウェブサイトには以下の.htaccessサンプルが掲載されていた。これはWP-DBManagerが案内するものと似ている。

<Files ~ ".*\..*">order allow,deny
deny from all
</Files>

確認

試しにテストサイトのプラグインディレクトリをバックアップしたzipファイルを解凍してみた。バックアップは正常に行われているようだ。ただ、このサイトにように画像だけで80Mを超える容量だと、途中でスクリプトが停止させられてしまうかもしれないので注意が必要だ。

参考文献

関連記事

スポンサードリンク

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です