[Asterisk] 050などPSTNをSIPに転送

まだ Asterisk に手を出していないし、ひかり電話のひける地域でもない。プロバイダの提供する BR500V はどう仕様も無い。完全にSIPベースの電話だけの世界になるか、SIPとPSTNの敷居が下がってくると選択肢も増えるかもしれないが、現在はPSTNでのインプットとアウトプットが必要になる。そこで、どのような方法があるかを幾つか調べてみた。

スポンサードリンク

Skype

  • プロバイダフリーと言える。
  • SkypeInを使うと050番号を受けることができる。
  • SkypeOutでは、番号通知が「通知不可能」などになる。
  • 固定電話なら700円程度で話し放題(Asterisk for Skype (AfS) や、10000分以上・50箇所以上の通話は対象外)だが、携帯電話宛は0033等のほうが安いかも。Asterisk を導入した際には発信番号を見てどの回線を選択するかを自動化させることも可能らしい。
  • 0120等一部の電話番号宛に発信できない。

SkypeInと転送(PSTNのみ)

050 > SkypeIn > Skype > SkypeOut > 任意のPSTN

Skype には不在時にPSTNへ転送させる機能があるらしい。これを携帯電話や自分が今居る固定電話の番号などに変更すると希望の電話で受けることができる。転送にはわずかにコストがかかるがワンナンバーで受けることができるメリットがある。また、プロバイダフリーと言えるから、プロバイダが変更になってもSkypeの050番号は変更になることがないだろう。

SkypeInと転送(海外を経由してSIPで受ける)

上記を発展させたもので、以下のように動作させる方法。

050 > SkypeIn > Skype > SkypeOut > 海外PSTN > 海外ITSP > 海外SIP > 任意のSIP電話機

※ITSP:International Telephony Service Provider, SIPベースの電話でPSTNではない。
※海外ITSPや海外SIP、海外PSTNでは無料でそれらを取得できるサービスがある。
※多くのサイトで紹介されている sipphone.com や gizmodeproject のものは Google に買収され、現在新規登録ができない。

SkypeをSIPのように見せかける

この手段については詳しく調査していない。

Windows に Skype をインストールし、さらにPSGwをインストールする。これにより、SkypeをSIPのように見せかけることができるのだという。

「フュージョンでSkype」

「フュージョンでSkype」というサービスが存在したが、 2010/09/30 で終了した。

Skype Connect

※旧称:Skype for SIP

050 > SkypeIn > Skype > Skype Connect > 任意のSIP電話機

Skype Connect を使うと Skype をSIPベースで扱うことができる Skypeのビジネス用公式有償サービスで$4.96/mから利用できる。SkypeInにより050番号を取得でき、発信できる。参考文献を読む限りでは受け側の基本的なコストは殆どかからない。発信する場合は課金対象となるようだ。

Skype は優れた製品だったが、既存のシステムと連動させることが困難だった。SIPベースでの運用が可能になることで、既存のPBXとの運用がしやすくなった。設定はSkype Manager を利用する。Asteriskの場合はSkype for Asteriskで直接収容できる(以下参照)。

Asterisk

Asterisk

Asterisk は IP-PBX。物理的なPBXを利用することによる多くの制限を取り払い、様々なPSTNやSIP等と接続できる。

Asterisk for Skype (AfS)

Asterisk とかかわりの深いDigium純正のAsterisk用Skypeチャネルで $66 で販売されている。専用のハードウェアは必要ない。Skypeから番号を取得することでプロバイダフリーのように扱うことができる。ただし、Asterisk for Skype は Skype のビジネスアカウントが必要で、一般的なアカウントでは接続できないようだ。

Asterisk が対応する FXO ボード

FXOやFXSを搭載しているボードを組み込んだAsteriskサーバーは、物理的なサーバーを要求する代わりに既存のPSTNやSIP等との連携が可能になる。

※簡単に説明するとFXOはLineで、FXSはPhone。仕組みからするとモデムボードでも良さそうなものだから探してみたところ、ドライバを書き換えてそのようにどうさせている人もいるようだ。

アジルフォン

単体契約が存在しないか見つけられなかった。

  • 月500円と通話料で利用出来る。
  • プロバイダフリーと言われているが、調べた限りでは単体で契約することができず、指定のプロバイダへの加入が必要らしい。2,400円/月から?
  • 自前のIP-PBXに接続することができるから、Asteriskに接続することができる。
  • SIPクライアントから03/06/075/078/050/0120等の番号で発信できる。3分7.8円。
  • 緊急番号や0120等への発信もでき、ナンバー・ディスプレイに表示させることができる。

エイジフォン

  • プロバイダのSIP情報をエイジフォンのクライアントから利用する。
  • Asterisk 用パッチが公式にある。
  • パッチはフュージョンへのリンクになっている。

フュージョン

  • 1番号500円、月額380円だが、プロバイダ契約が月額5000円程度必要。
  • Asterisk 用パッチが用意されている。

Asterisk Navi

  • Asterisk Navi は Ubntu と Asterisk をベースにフュージョンが開発したIP-PBX。
  • 無償で利用出来るが有償でのサポートも用意されている。
  • 3ステップで利用開始でき、ブラウザからGUIで設定できる。

ひかり電話

  • N/A

DTIフォンひかり

  • 「ひかりoneTタイプ」のオプション

転送ボーイ

  • ハードウェアを使った転送装置78,000円

通話王

  • Cyber phone に対応し、03番号がもらえる。
  • 2008/10/31 にサービス終了し、アジルフォンが案内される。

YAMAHA RTA54i

プロバイダの提供するIP電話を収容でき、より使いやすい機能を搭載した装置はないか探してみた。

  • 使用ポートが5060, 5004-5060 で SIPphone と合致。
  • TELポートが2個搭載されている。このポートを利用することで既存電話機をSIP電話機にさせることも、既存PBXに収容することも可能になる。
  • ファームウェア Rev.4.05.15 以降から SIP に対応する。

※SIPベースの電話はレジストしている電話機が鳴ることになっているが、現在のところそれが実現していない。プロバイダの制限か、設定なのかは未だ不明。

参考文献

関連記事

スポンサードリンク

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です