[Asterisk] FreePBX 外線設定

前回FreePBX で内線設定を行い、内線の発着信は動作させることができた。今度は「宿敵」外線だ。

ルーターの設定

外部と通信するためにルーターのポート開放が必要だ。環境によって左右される。

  • TCP 5060 / UDP 5004-5060
  • UDP 5060 / UDP 5012-5013
  • UDP 5060 / UDP 10000-20000
  • UDP 4569

筆者環境では次のようにRT57i に設定した。

  • udp * * 192.168.1.125 5012-5013, 5060

FreePBX の設定

Trunk の追加

Add SIP Trunk をクリックする。

スポンサードリンク

  1. Trunk Destination に適当な名前をつける
  2. Outbound CallerID を設定する(不要?)
  3. Maximum Channels に 1 を設定
  4. Dial Rules に 0XXXXXXXXX と 0XXXXXXXXXX を設定する
  5. Trunk Name に適当な名前をつける
  6. PEER Details を試行錯誤する(以下参照)

設定参考1

type=friend
host=61.***.***.***
port=5060
username=050********
secret=P******
fromuser=W********
fromdomain=PSTN.FUSIONCOM.CO.JP
disallow=all
allow=ulaw
insecure=invite
context=from-trunk
dtmfmode=inband
qualify=yes
nat=no
language=jp
rtpstart=5012
rtpend=5013

参考設定2-1

host=***provider ip address***
username=***userid***
secret=***password***
type=peer

type=peer
host=61.***.***.***
username=050********
secret=P********

参考設定2-2

secret=***password***
type=user
context=from-trunk

type=user
secret=P********
context=from-trunk
insecure=invite

Register 参考

user[:secret[:authuser]]@host[:port][/extension]

電話番号@サービスドメイン:ユーザパスワード:ユーザ[email protected]用コンテキスト/電話番号
[email protected]:ユーザパスワード:ユーザ[email protected]/050xxxxxxxx
(AsteriskによるIP-PBXの構築(SuSE9.3編)より引用)

OK

050********:P********:W********@61.***.***.***:5060/2000
050********:P********:W********@61.***.***.***

NG?

050********:P*****:W*****@61.***.***.***:5060/050********
050********@61.***.***.***:P********:W********@********3242/050********

NG

W********:P********:050********@61.***.***.***
050********:P********@61.***.***.***
W********:P********@61.***.***.***

着信の設定

着信はinbound で設定する。

  1. Description に適当な名前をつける
  2. SignalRINGING にチェックを付ける(不必要?)
  3. Language に jp を入力する(不必要?ja?)
  4. Set Destination に Extentions 、2000 を設定
    (もしくはRingGroup を作成しておき、それを設定してもよい)

Ring Groups を設定する場合

※ここでは600番になった。600番に着信すると 2000、 2001 が鳴動する。

  1. Group Destination に適当な名前をつける
  2. Extentions List に 2000、 2001 を設定する(QuickPickを使うと簡単に設定できる)
  3. Destination if no answer にTerminate Call 、 Play ringtones to caller until they hangup を選択

発信の設定

発信はoutbound で設定する。先にTrunk の設定が必要。

  1. Route Name に適当な名前をつける
  2. Dial pattern に 0XXXXXXXXX と 0XXXXXXXXXX を設定する
  3. Trunk sequence for Mached Routes に作成したTrunk を選択する

確認

やはり宿敵。上手くいかない。内線は発着信OK。これは前回確認している。問題は外線だ。

着信

CLI で確認して試行錯誤して、ようやく着信できるようになった。会話もできる。ケータイ(docomo)と一般回線(ISDN)から正常に着信し、CallerID も取れている!!!

発信

さて、発信だ。これがどうにも出来ない…。どうしてだーーー!

英語メッセージは「all-circuits-busy-now」だ。回線がいっぱいらしい。

切断理由

HANGUPCAUSE = 20

Dial failed for some reason with DIALSTATUS = CHANUNAVAIL and HANGUPCAUSE = 20

加入者不在

HANGUPCAUSE = 1

Dial failed for some reason with DIALSTATUS = CONGESTION and HANGUPCAUSE = 1

欠番

関連記事

スポンサードリンク

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です